Sassyのあかちゃんえほん ぱくぱく Sassyのあかちゃんえほん ぱくぱく Sassyのあかちゃんえほん ぱくぱくの試し読みができます!
監修: Sassy/DADWAY 文・絵・デザイン: LaZOO  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
世界中のママや赤ちゃんが大好き!心や脳を育むSassyの絵本シリーズ最新作!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
これなあに?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

これなあに?

  • 絵本
作・絵: みやにし たつや
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年03月
ISBN: 9784790252368

2〜3歳児
縦22.0×横21.0cm
(表紙縦22.6×横21.3cm)
上製 28ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

二つ以上の呼び名を持っているモノは結構多いです。
この絵本のなかでとりあげたのは、比較的世の中に普及して、市民権を得ていると思われるモノたちですが、
幼児語や方言、外来語をふくめるとおびただしい数になるでしょう。
そしてその呼び方は人によって違うこともあります。また、呼び名の生まれる過程も時々おもしろいものがあります。
「とんかち」などは、擬声語からきているという話で、なんとなくほほえまく感じます。
どういう呼び方にしても、人がおのおのに応じて、より呼びやすい親しみをこめた呼び名が生まれてきたというわけで、
モノに対する人々の温かい想いが感じられます。この絵本はそんな「想い」が詰まった絵本なのです。

ベストレビュー

どっちで呼ぶかな

普段はきずかないというか、気にしていないことですが
はじめて、覚えたこどもは、はてなと、思うかもしれませんね。
絵で見るとわかりやすいですね。
ものの呼びかたは、一つではないこともある。と言うことが
わかる絵本だと思います。
(capellaさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


みやにし たつやさんのその他の作品

Dad Papa Pop おとうさん・パパ・おとうちゃん / どこが ながいか わかる? / だれかなぁ? / Poop うんこ / ぼくの おとうさんと おかあさん / うんこ



幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

これなあに?

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット