新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ひつじのよる

ひつじのよる

作・絵: ヤナキ ヒロシ
出版社: 絵本館 絵本館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,100

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784871101486

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「雲のまにまに」で多くの読者を魅了した
ヤナキヒロシさんの第二作!
なかなかねむれない男の子がひつじをかぞえます。
ところが、ひつじがたくさん出てきて大騒ぎ。

そこで、雲をかぞえると・・・
たいへん、雨がふってきちゃった!
さて、こまった男の子。
気をとりなおして今度はなにをかぞえようかな?
と、今度はひつじがかぞえはじめます・・・。
あらら、そんなものをかぞえたら、どうなるどうなる?

しずかな夜のふしぎな出来事。
ちょっとレトロな雰囲気の装丁で、
よりいっそう楽しい一冊になりました。

ベストレビュー

眠れない夜の絵本

娘が未年生まれということもあって
とにかく私は“ひつじ”と名の付くものになら
なんでも触手が動きます・笑
早速惹かれて図書館から借りてきました。
B6判のとてもかわいいサイズ。
イラストも線が細くてとっても好み♪
ぱっと見、外国の絵本かな〜って感じのタッチです。
内容は眠れない男の子がひつじを数えます。
でも数えたひつじが男の子のベッドの周りにあふれて
メエメエうるさい。気を取り直して雲の数を数えていくと
ベッドの周りは雲があふれて・・・・なんと!大変なことに。
それでもふたたび気を取り直して数を数えますが
なんと数えるのは・・・・さて誰でしょう?
なんていうことはない内容かもしれないんですが
ふんわり和めるんですよ。
第一弾という“雲のまにまに”もぜひ読みたいです
(さえら♪さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

ヤナキ ヒロシさんのその他の作品

雲のまにまに



堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

ひつじのよる

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット