キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園

  • 絵本
作・絵: クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳: 村上 春樹
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 2005年09月
ISBN: 9784751522806

8歳から

みどころ

 ミス・ヘスターの飼っている犬、フリッツはいとこのマーンスに6回も噛み付いてしまう様な犬です。
 ある日、留守番を頼まれた近所の少年アラン。午前中はソファーに噛み付かない様にしっかり見張りながら、一時間程うとうと。その後午後の散歩に出掛けたアランとフリッツ。
そこに現れた看板。
   「ぜったいになにがあっても犬を庭園の中に入れてはいけません。引退した魔術師アブドゥル・ガサツィ」。
 慌てて引き返そうとしたアランをよそに、フリッツは当然中に入っていってしまいます。恐る恐る中に踏み込んだアランの見たものは・・・?本当にありそうな、なさそうな、不思議なお話です。

 オールズバーグと言えば去年のクリスマスにトム・ハンクス主演の映画化で話題になった「急行北極号」の作者。美しく懐かしい様な深い色合いの絵とストーリーが印象的です。日本では村上春樹が彼の絵本の全翻訳を手がけているのも話題。このお話は彫刻家から絵画に転向して手がけた初の絵本だそうです。リアルなんだけど魔法にかかったような・・・そんなオールズバーグの魅力満載です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

ぜったいに、何があっても、犬を庭園に入れてはいけません―引退した魔術師ガサツィ。ふしぎな庭で少年が体験した奇妙なできごと。

ベストレビュー

オールズバーグさんの術中にはまっていた

 上手いな〜!
 表紙絵のトリミングされた庭木郡とタイトルの“魔術師”&“庭園”。
 ただ者の庭じゃない雰囲気が漂っています。
 
 絵はお馴染みのモノクロ。
 えもいわれぬ世界の入り口を感じさせてくれます。
 
 この作品は、絵のみならずお話の構成が良い。
 イライラさせられる躾のなっていないブルテリア犬フリッツ。
 読んでいて、この犬のお守りに最初から手こずらされそうな主人公アラン・ミッツ少年が心配でした。
 これが伏線となって、いよいよ昼寝後の散歩でアランが目にする“引退した魔術師アブドゥル・ガサツィ”の敷地入り口の立て札。
 ここから、どれだけ広い敷地に住んでいるのだろうと呆れます。
 と同時に、これだけの敷地の住人であると言うことは、相当の名だたる魔術師であったと、憶測を深めさせられます。
 見事にオールズバーグさんの術中にはまっていたのです。

 アランの制止を聞かずガサツィ氏の敷地に、入り込んでしまう分別の無いフリッツと責任感から焦るアランの対照的な様子。
 そして、ガサツィ邸正面の描かれたページの威圧感。
 迎い入れるガサツィ氏の存在感。
 子どものアランにおもねることもない計り知れぬ不気味さ。
 ひたひたと恐怖感が忍び寄ってきます。

 後半のアランの心情を思うと気の毒でなりません。
 そして、ラストでまたやられました。
 私は、魔術師の力を信じます。
 皆さんは如何でしょうか?

 このオールズバーグさんの作品も虚を衝かれるエンディングに、最終ページをなかなか閉じられませんでした。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クリス・ヴァン・オールズバーグさんのその他の作品

ナイアガラの女王 / ハリス・バーディックの謎 / さあ、犬になるんだ! / 2ひきのいけないアリ / 急行「北極号」 / いまいましい石

村上 春樹さんのその他の作品

HARUKI MURAKAMI 9 STORIES パン屋再襲撃 / 図書館奇譚 / おおきな木 / 汚点・春は夜汽車の窓から / ポテト・スープが大好きな猫 / ふしぎな図書館



未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.21

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット