しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
バーバパパかせいへいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バーバパパかせいへいく

  • 絵本
作: アネット・チゾン タラス・テイラー
絵: アネット・チゾン タラス・テイラー
訳: 山下 明生
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784061287693

幼児から
A4横長・32ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】バーバパパ45周年 ありがとう レビューコンテスト

みどころ

 私が子供の頃からの人気者「バーバパパ」。それもそのはず、フランスで最初の絵本が出たのが今から35年前!そして今回の新刊はなんと10年ぶりだそうです。
私も「バーバパパ」のお話が大好きでした。何と言っても自由自在なあの体。楽器になって自分で演奏したり、他の動物になって遊んだり。一番印象に残っているのは体を使っておうちまで作ってしまった話。とっても自由で、何でも自分達でできてしまって、そして何をするのもとっても簡単な事の様に思えてくるのが読んでいる時の幸せでした。ちょっとお洒落なのも好き。
 そして今回は火星に行くお話。そんな雰囲気はもちろん健在で、あまりにも気軽な宇宙旅行なのです。久しぶりにときめいてしまいますね。

 バーバヒカリが火星から来た通信をキャッチ。音楽のような響きです。火星にも音楽の好きな人が住んでいるのかな。それなら会いに行かなくっちゃ!
早速みんなで火星に向けて出発。順調に着陸すると火山がずらり。でもようく見ると地面の割れ目に青々と草が茂っています。たどって行くと・・・。びっくり、びっくりな火星人に出会います。
みんなで楽しく交流していると巨大な緑の草が襲ってきて・・・。

 話の根底には自然との共存など大事なテーマも流れています。親子で2代でわくわくしてください。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

バーバファミリーが火星で出あったのは?火星からの通信をキャッチ、さっそく火星へ出発したバーバファミリーは、
そこでプンプンファミリーに出会います。すると突然、緑の化け物が襲ってきて……!

ベストレビュー

宇宙にいくのは面白そう

工学が好きなバーバピカリが、火星からの通信をキャッチして、みんなで会いにいこうとします。

火星で出会う火星人の姿は面白いです。形はバーバパパたちにそっくり!色だけ白黒でいろんな模様になっています。お互いの自己紹介はたくさんありすぎて読むのが大変。

ブンブンぐさの話も面白いです。

でも、地球から持ち込んだインゲン豆が大増殖してしまい、持ち込みは良くないと勉強になります。

みんなでやっつけて、豆を食べてしまいます。楽しく勉強にもなる絵本でとても良かったです。
(あいりっくさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アネット・チゾンさんのその他の作品

バーバパパのさがしもの / バーバパパのコミックえほん(5) バーバパパのおもちゃ工場 / バーバパパのコミックえほん(6) バーバパパと恐竜 / バーバパパのコミックえほん4 バーバブラボーは名探偵 / バーバパパのコミックえほん3 バーバパパとまぼろしのピラミッド  / バーバパパのコミックえほん2 バーバピカリと小さくなる薬

タラス・テイラーさんのその他の作品

バーバパパのコミックえほん1 バーバママ火山へいく / ビッグブック おばけのバーバパパ / バーバパパ ペンギンのくにへ / バーバパパのさんごしょうたんけん / バーバパパのパンダさがし / バーバパパときえたこぐま

山下 明生さんのその他の作品

ハリネズミ・チコ(5) パピヨン号でフランス運河を / すきです ゴリラ / ハリネズミ・チコ(4) スターライト号でアドリア海へ / ハリネズミ・チコ(3) フライパン号でナポレオンの島へ / だれのものでもない岩鼻の灯台  / ハリネズミ・チコ(2) ジャカスカ号で地中海へ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

バーバパパかせいへいく

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット