話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
うらしまたろう
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

うらしまたろう

  • 絵本
文: 令丈 ヒロ子
絵: たなか鮎子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2012年05月23日
ISBN: 9784061325050

5・6歳から
27cm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


よみきかせ日本昔話大賞決定!

出版社からの紹介

よみきかせ日本昔話5・6歳むけ夏の巻。
ある日、村の子どもたちにいじめられている子亀を助けた、うらしまたろう。何日かして、大きな亀が、たろうを迎えにきました。亀の背中に乗って、海の底へ行くと、そこには、美しい乙姫と竜宮の生活が待っていたのです。
3年の月日が過ぎ、故郷に残してきたお母さんのことが心配になったうらしまたろうは、故郷に戻ろうと決心し……。
不思議な結末が心に残る、語り継ぎたい昔話です。
おまけの短いお話「おはなしもうひとつ」はゆかいなお話、「てんぐのかくれみの」を収録。

うらしまたろう

ベストレビュー

この「うらしまたろう」は夏の巻、5・6歳から

講談社の「よみきかせ日本昔話」シリーズで、このシリーズは各季節・核年齢別で出版社からお勧めの1冊という形で出ているようです。

この「うらしまたろう」は夏の巻、5・6歳から でした。
もとになっているのは島根県の昔話だそうです。
太郎が助けたのは乙姫が化けたカメで、竜宮で開けてもらった窓の数は4つ。最後に太郎は年を取って消えてしまうバージョンではなく、
「おじいさんになって しまったそうな。 これで、おしまい。」としめらています。
たかな鮎子さんの絵は嫌いではありませんが、
全体ソフトな感じの絵と色彩で、あまり昔ばなしっぽく感じませんでした。

出版社が薦めている年頃の子どもたちが一人読みするのには、わかりやすい内容に収まっていると思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


令丈 ヒロ子さんのその他の作品

紫式部 / よみがえれ、マンモス! 近畿大学マンモス復活プロジェクト / 人類滅亡フラグがたちました!  / ポケットはん / クルミ先生とまちがえたくないわたし 藤島クリニック再生計画 / 妖怪コンビニで、バイトはじめました。

たなか鮎子さんのその他の作品

人形つかいマリオのお話 / ルナのたまごさがし / クリスマスマーケットのふしぎなよる / はだかのおうさま / フィオーラとふこうのまじょ / マルーシカと 12の月


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > うらしまたろう

えほん新定番 from 好書好日

うらしまたろう

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット