新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

モモンガのはいたつやさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

モモンガのはいたつやさん

  • 絵本
作: ふくざわ ゆみこ
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「モモンガのはいたつやさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年04月
ISBN: 9784894237780

26.3×21.2cm 32頁

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

森の中で、一番見晴らしのいい杉の木に住まいを構えているモモンガさん。
彼のお仕事は、青い制帽がトレードマークの、小さな森の配達屋さん。
モモンガさんの一日は、毎朝、森を見渡して、緑の中にはためく青い旗を見つけることから始まります。
青い旗は、森のみんながモモンガさんへ送る「配達お願いします!」の合図なんです。
送り主から荷物を受け取ると、モモンガさんは、毎回「まごころこめて とどけるぞ」と言いながら、
配達先へ急ぎます。高い木を、するするといとも簡単に駆け上がったり、
モモンガ自慢の飛膜を軽やかに広げて、高い木の上から、空へフワリと風にのってひとっ飛び。
身軽なモモンガさんだからこそ、川の中州にあるクマさんのお家だってあっという間に到着です。

働き者のモモンガさんの1日と素敵な森の仲間達の交流を丁寧に描いたふくざわゆみこさんの絵本。
モモンガさんが走り出すたびに、森の透き通った風が目の前を通り抜けます。
杉、クヌギ、柳、楠木、紅葉、樫と、物語に登場する木々は、葉や幹の太さまで本当に本物そっくり。
見開きいっぱいに力強く伸びる木々の先端まで、瑞々しく愛情たっぷりに描かれているのがわかります。
そんな大らかな森の中で、生き生きと仲良く暮らしている動物達をそっと見守るふくざわさんの目線は、
どこまでも優しく、読者の心を和ませてくれます。

絵本を読み終わった後、家の外に青いハンカチを結んでおいたら・・・。
もしかしたら、こんなかわいい配達屋さんがひょっこり現れてくれるかもしれませんね。

(絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

森の配達屋をしているモモンガさん。荷物を森のみんなにくばっています。
ある日,うさぎのおばあさんが焼いたにんじんケーキを森のみんなに届けにでかけますが…。

ベストレビュー

やさしい勘違い

主人公のモモンガさんは、森の配達屋さんです。
今日は、ウサギのおばあさんが作ったにんじんケーキを、森のみんなに届けます。
最初はリスさん、次はクマさん、それからも次々と届けていきます。
でも、あれれ?
一個余っています。
モモンガさんは思います。

全員に届けたと思ったけれど、誰の分かしら?

モモンガさんは、今夜引っ越してきたばかりのふくろうさんに届けました。

でも……。

最後の一個のケーキは、ふくろうさんのためではなかったのです。
それでは誰に?

とても魅力的なイラストで、お子さんを絵本の世界に惹き込みます。
文章が少し多めですから、小学校低学年や中学年のお子さんに合うのではないかと思います。
(ymotkmさん 40代・ママ 男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ふくざわ ゆみこさんのその他の作品

もりのかばんやさん / くぬぎのもりのりすのがっこう / はりねずみのおいしゃさん / ぎょうれつのできるチョコレートやさん / もりのとしょかん / モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > モモンガのはいたつやさん

【連載】9月の新刊&オススメ絵本

モモンガのはいたつやさん

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.47

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット