ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ぼくとりなんだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくとりなんだ

  • 絵本
作・絵: 和歌山 静子
出版社: 日本野鳥の会

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年04月20日
ISBN: 9784931150515

B5判 32ページ ハードカバー

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

**◆** ヒナにであったときの「どうしよう?」にこたえる絵本 **◆**
     〈日本野鳥の会オリジナル絵本〉

春になると、日本野鳥の会には「地面にいるヒナを見つけたけど、どうしたらいいの?」と
いう問合せが数多く寄せられます。

その際「巣立ち後のヒナは拾わないでそのままに」と、お伝えしています。

なぜ拾わないほうがよいのかを、
子どもたちをはじめに多くの方々に知ってもらえればと、絵本を作りました。

おはなし絵本としてはもちろん、子ども向けの自然観察会でのよみきかせにもおすすめです。
ぜひ、子どもたちと一緒にお楽しみください!


【あらすじ】

地面にいる一羽のヒナ。
手を差し伸べようとする男の子に「ぼくのはなしをきいて」と語りかけます。
ヒナの言葉で語られる、野鳥のくらしと自然のなかで生きていくことへの想いの物語。


【作・絵】和歌山静子

『あいうえおうさま』(作:寺村輝夫、理論社)、『てんてんてん』『ひまわり』『どんどこどん』
(以上、福音館書店)、『おーい はーい』(ポプラ社)ほか作品多数。

「かねてから鳥の本をつくりたいと思っていました。私らしい鳥の本ができました」(和歌山静子さんより)

ベストレビュー

そっと見守ってね

可愛くて小さな野鳥の雛。
道端でうずくまっていたら、「これは大変!」と手を差しのべたくなります。
でもそれは、必ずしも野生動物を救うことにはならないということ。

今年たまたま、身近でそういう出来事があって、私は元の場所に還すように促しました。
あの時、何故還すように促したのか、娘にきちんと理解してほしくて、この本を選びました。

人間の手で一度保護してしまうと、野生に還すのが難しくなります。
たとえ命を長らえることができても、その動物の本当の幸せには繋がらないということ。

最後のQ&Aで、野生の雛のくらしを解説しています。
人間の目線ではなく、野鳥のきもちに耳を傾ける機会になると思える一冊でした。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


和歌山 静子さんのその他の作品

ねこがかいたえほん / 紙芝居 ころん こっつんこ / The Bean Counting Song まめの かぞえうた / 紙芝居 おっきなおにぎり ちっさなおにぎり / 紙芝居 ばけくらべ / め・め・め



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

ぼくとりなんだ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット