新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
かこさとし からだの本 (2) たべもののたび

かこさとし からだの本 (2) たべもののたび

  • 絵本
作・絵: かこ さとし
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1976年10月
ISBN: 9784494009220

3歳〜小学校1・2年生
22.6×19.8cm
32頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ごはんやおかしは、体内のどこを通って、どうなるのか? 食物の摂取から排泄までを説く。

ベストレビュー

食べたものは体の中でこんな旅をするんだね

この絵本は、かこさとしさんの「からだの本」シリーズの中の1冊です。
口から入った食べ物が、どんな風に体を通っていくのかを、分かりやすく図にした絵本です。
食べものたちは、栄養や大事なものを入れた黄色いカバンを持って、体のたびに出かけます。
最初に「ももいろトンネル(ももいろをした口のトンネル)」から「のどの奥のせまいほそいみち」を通って「いぶくろこうえん」にやってきます。
「いぶくろこうえん」では、食べ物の消化のしくみが分かりやすく書かれています。
その後「しょうちょうこうえんのジェットコースター」を通り、食べ物が体に吸収されていくところでは、黄色いカバンがすいとられ、食べ物達は「だいちょうどおり」を進みます。
そして、食べ物達がおしっこやうんこになる過程が描かれています。
消化や栄養が体に取り込まれる様子が、子どもにもとても分かりやすく描かれています。
食べ物たちが体の中を旅する絵がとても可愛らしく、文章も面白く楽しい絵本です。
娘は、おしっこやうんちが出来るところが大好きです。
からだの本シリーズのむしばミュータンスのぼうけんを読んだことがあったので、この絵本を見た娘は、ミュータンスの絵本の人が書いた本とわかったようです。
2冊とも面白かったので、他のも読んでみたくなりました。
(きんさんさん 40代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

かこ さとしさんのその他の作品

たろうがらす じろうがらす / うさぎのパンやさんのいちにち / くもとり山の イノシシびょういん 7つのおはなし / 青いヌプキナの沼 / 『からすのパンやさん』『からすのおかしやさん』 限定トートバッグギフトセット  / サン・サン・サンタ ひみつきち


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 医学・歯学・薬学 > かこさとし からだの本 (2) たべもののたび

『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

かこさとし からだの本 (2) たべもののたび

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.68

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット