新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
紙芝居 ゆたんぽくん

紙芝居 ゆたんぽくん

絵: 山本 祐司
脚本: おおたか 蓮
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年02月01日
ISBN: 9784494091287

3歳〜
B4判 26.5×38.2cm
頁数:8場面

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「ぶるぶる はっくしょん」寒くて目をさましたのは、ゆたんぽくんです。
「とくとくとく」やかんからあついお湯を入れて、ポカポカになりました。
さあ、お仕事です。ゆたんぽくんのお仕事は、なにかな? そう、みんなをあたためてあげることですね。
おや、寒くてカチンカチンになっているひとがいますよ。
「カチンカチンさん、ぼくがぬくぬくあたためてあげますよ」「きゃー、やめてください」だって。
いったいだれでしょう。

ベストレビュー

今も現役ゆたんぽくん

意外と子どもたちは、湯タンポを知らないように思うのですが、今もポリエチレンの湯タンポは現役。
この紙芝居には、少し解説が必要かも知れませんが、生活の知恵と共に大切にしたい道具です。
読み聞かせしたら、親子の反応の差が面白いかもしれません。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おおたか 蓮さんのその他の作品

紙芝居 ぼく、まだねむいんだ / 紙芝居 おばけのゆきがっせん / ぼく、まだねむくないよ

山本 祐司さんのその他の作品

へんしんへんしん フルーツポンチ / 紙芝居 おもちの もっち / カレーのおうさま / おでんのおうさま / 紙芝居 はとぽのゆうびんやさん / ちがうでしょ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 紙芝居 ゆたんぽくん

堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

紙芝居 ゆたんぽくん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット