宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ぼくじょうの うしさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくじょうの うしさん

作: 笠野 裕一
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥390 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくじょうの うしさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年06月

3才〜4才〜5才
ページ数: 24
サイズ: 23X20cm
ちいさなかがくのとも 2012年6月号

出版社からの紹介

牧場のうしさんたちは、いつもいっしょ。あさ、牛舎のとびらが開くと、みんないっしょにまきばへむかいます。1頭がモグモグ草を食べはじめると、みんないっしょにモグモグムシャムシャ。おなかがいっぱいになったら、草のうえにみんなでゴロン……グーグーグー。“みんないっしょ”のうしさんたちの一日を描きます。

ベストレビュー

思わず笑顔!

ぼくじょうのうしの一日を描いたお話ですが、のどかでいいです!

食べたいときに食べ、寝たいときに眠り、気になるものがあればお構いなしにジロジロ…。
とっても気ままななのに、うし達の足並が揃ってるのが、なんとも可笑しい。
効果的に擬音が使われてて、娘も思わず笑顔!

なんてことないんですが、とっても和みます。
あかちゃんから、大人まで楽しめる一冊だと思います♪
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子7歳)

出版社おすすめ


笠野 裕一さんのその他の作品

のせてよ! / ぼくんちのゴリ / ふねが きた! / たんぼの ぎょうれつ / ちいさな ひこうき / かわあそび



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

ぼくじょうの うしさん

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット