まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
フルリーナと山の鳥
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フルリーナと山の鳥

  • 絵本
作: ゼリーナ・ヘンツ
絵: アロイス・カリジェ
訳: 大塚 勇三
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1974年
ISBN: 9784001105681

小学3.4年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

フルリーナは,キツネにおそわれそうになっていたオオライチョウのひなを見つけ,飼いならそうとしますが…….アルプスのきびしく美しい自然と,そこに住む人々の素朴な生活を描きます.

ベストレビュー

おにいさんのウルスリ!

 鳥が大好きな娘は、表紙の絵を見るとすぐに、
「この鳥は、シジュウカラ。これは、パパが子どものときに飼ってた鳥でしょ?」
と、1羽1羽の鳥を指差しながら楽しそうに話し始めました。
 そうだね、アルプスはパパの国に近いから、きっと同じような鳥がたくさんいるだろうね。
 カリジェの描くアルプスの風景はとても美しく、鳥たちの姿もまた色とりどりで、娘の心を惹きつけます。

 中を開くとさらに嬉しい驚きが待っていました。
「にいさんのウルスリ・・・」と書かれているではありませんか!
 娘は即座にフルリーナの前を行く男の子に目をやり、
「本当だ、ウルスリだ!」と興奮して叫びながら、今度は「ウルスリのすず」の本の男の子と見比べました。
「帽子も同じ!」
フルリーナとウルスリはきょうだいだったんだね。なんだかそれだけで、とても嬉しくなりました。

 このお話は、女の子のフルリーナが主人公で、大好きな鳥もたくさん出てくることもあって、「ウルスリのすず」以上に楽しめたようでした。

 私は、留学中に訪れたハイジの山小屋やマイエンフェルトの町を懐かしく思い出しました。いつか娘といっしょにカリジェの絵の世界を旅してみたいな、と願っています。
(ガーリャさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ゼリーナ・ヘンツさんのその他の作品

ウルスリのすず / 大雪 / アルプスのきょうだい

アロイス・カリジェさんのその他の作品

ナシの木とシラカバとメギの木 / マウルスとマドライナ / マウルスと三びきのヤギ

大塚 勇三さんのその他の作品

あかずきん グリム童話 / いしになった かりゅうど モンゴル民話 / 岩波少年文庫 大力のワーニャ / グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい / ペーテルとぺトラ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 総記 > フルリーナと山の鳥

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

フルリーナと山の鳥

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット