話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
MOE 2022年7月号

MOE 2022年7月号


出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

税込価格: ¥930

「MOE 2022年7月号」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年06月03日
ISBN: 4910187870722

■ 特別ふろく ■ 谷川俊太郎「二十億光年の孤独」詩のクリアファイル
■ 巻頭特集 ■ 『わたし』から『ぼく』まで 谷川俊太郎の絵本

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

■ 特別ふろく ■ 谷川俊太郎「二十億光年の孤独」詩のクリアファイル
■ 巻頭特集 ■ 『わたし』から『ぼく』まで 谷川俊太郎の絵本

90歳を迎えた詩人の谷川俊太郎さん。これまでに手がけた創作絵本は半世紀でおよそ190冊、翻訳絵本を加えると400冊近くになります。
『わたし』など70年代の名作から、新作『ぼく』まで。進化を続ける谷川さんの絵本の世界をのぞいてみませんか。最新インタビューでつづる、谷川俊太郎の絵本クロニクルです。

谷川俊太郎の絵本クロニクル
● 1931~1950年 はるかな国からやってきた
● 1950年代 宇宙詩人の誕生
● 1960年代 子どもたちの世界へ
● 1970年代 絵本づくりの原点

谷川俊太郎ロングインタビュー
5人の作家とつくった5冊の絵本
聞き手/刈谷政則
『わたし』1976年 長新太さんと。
『あな』1976年 和田誠さんと。
『ことばあそびうた』1973年 瀬川康男さんと。
『マザー・グースのうた』1975年 堀内誠一さんと。
『もこ もこもこ』1977年 元永定正さんと。

● 1980年代 写真絵本の実験
● 2000~2021年 進化するコラボレーション
● 2022年1月 死の絵本『ぼく』
● 谷川さんの“いま、ここ"


■ 季節連載 描きおろし絵本 第4回
鈴木のりたけ「テントーむし」

■ 翻訳70周年
今、もう一度読みたい『赤毛のアン』

■ 今、注目したい絵本の新しい形
コミックスのような絵本 絵本のようなコミックス

■ アトリエインタビュー
はしもとみお 彫刻家の制作日記

■ イイダ傘店の
見惚れるほどに美しい傘の世界

■ 本場イギリスの味を気軽に
おうちアフタヌーンティーを楽しむ休日

■ 家の数だけ暮らしがある
おうちの絵本

■ 「糸暦 いとごよみ」スペシャル
小川糸「山形・絶品山菜料理の旅」

■ 最新単行本発売
junaida『EDNE [エドネ]』

■ 隔月連載 第7回
ヒグチユウコ「日々の綿」

■ 好評連載
「ワンワンちゃん」工藤ノリコ
「日本の絵本 100年100人100冊」広松由希子
アーティスト・インタビュー 森山未來
注目の作家インタビュー 田中達也
MOEのおすすめ新刊絵本

MOE 2022年7月号

ベストレビュー

とても興味深かったです

谷川俊太郎さんの特集だったので、楽しみに読みました。
谷川さんの書かれたり、翻訳された本は沢山読んできましたが、谷川さん自身のことは、良く知らなかったので、非常に興味深く読みました。特に、有名な絵本画家さんとのことは、面白かった。子どもの頃から大好きな堀内さんの絵のマザーグースのことも語られていて、良かったです。付録も素敵です。
(あんじゅじゅさん 50代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > > MOE 2022年7月号

2023年まずは読みたいこの絵本・児童書16選 レビューコンテスト!

MOE 2022年7月号

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット