宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
コミックみえない雲
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コミックみえない雲

翻訳: 高田 ゆみ子
原作: グードルン・パウゼヴァング
イラスト: アニケ ハーゲ 
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥543 +税

クリスマス配送につきまして

「コミックみえない雲」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年10月
ISBN: 9784094086584

サイズ:文庫

ドイツを脱原発へと導いた小説をコミック化

ドイツのある町の原子力発電所で爆発事故が起きた。原発から70キロほどの町に住む14歳のヤンナは、逃げ惑う人々で町がパニック状態に陥るなか、小さな弟・ウリを連れ、ハンブルクの叔母の家へ向かい自転車で避難する。原発からほど近い町に出かけていた両親の安否を心配しながらも、必死で逃げるヤンナとウリ。しかし、思わぬ悲劇が二人を襲う……。
本作はチェルノブイリ原発事故の翌年にドイツで発表され、子供から大人まで幅広く読み継がれてきたベストセラー小説をドイツの若手漫画家アニケ・ハーゲがコミック化したもの。福島第一原発事故を受け、ドイツはいち早く脱原発へと舵を切ったが、それ以前の20数年間にわたり世論形成に大きな影響を与えたのが、この原作と言われている。ヤンナを容赦なく襲う数々の恐ろしい出来事は、3.11の原発事故以降の日本にオーバーラップする。エネルギー問題を含む生活の在り方を問われている日本人が、今こそ読むべき警告の書。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高田 ゆみ子さんのその他の作品

片手の郵便配達人 / サッカーキッズ物語(10) 背番号10番マーロンの巻 / サッカーキッズ物語(9) 七人目の勇士ヨシュカの巻 / サッカーキッズ物語(8) 世界最速右アウトサイド・ファビの巻 / サッカーキッズ物語(7) 最強ストライカー・マキシの巻 / サッカーキッズ物語(6) ヒーロー・ラバンの巻

グードルン・パウゼヴァングさんのその他の作品

ちきゅうの子どもたち (新装版) / おじいちゃんは荷車にのって / 見えない雲 / 最後の子供たち



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

コミックみえない雲

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット