おばけなんてないさ おばけなんてないさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
誰もが歌ったことのある童謡「オバケなんてないさ」が、せなけいこのユーモアあふれる貼り絵で楽しい絵本になりました。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
だいふくもち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だいふくもち

  • 絵本
作・絵: 田島 征三
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1977年
ISBN: 9784834005240

読んであげるなら 3才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

貧乏なごさくの家に、なんと口をきくだいふくもちが住みついた……。土佐のことばを生かした語り口と、泥絵具を使った力強くユーモラスな絵をお楽しみください。

ベストレビュー

はまります

図書館でみつけたとき、「田島征三さんのだからおもしろいだろう」って借りてみたら…すっかりはまってしまいました。
何度も何度も…もう買ったほうがいいだろう、ってくらい借りています。

だいふくもちがこんまいだいふくもちを産むシーン、すごい!
ごさくがしなびていくシーンも、すごい!!
全体的に渋いイラストなんですが、だいふくもちの世界に引きずり込まれる力強さがあります。

そして文章がまたとってもよくって。
毎回声に出して読んでしまいます。声に出しててきもちがいいんです。
6年生の息子も、何度も聞いてますけど、やっぱりおもしろいそうです。

面白いんだけど、不思議で、不気味で、色々考えちゃうお話なので、読み聞かせをするのなら高学年向きかも。
中学生にもいいと思います。
(もちろん小さい子は小さい子として、楽しめると思います。)
(あみむさん 30代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

田島 征三さんのその他の作品

ぼく、おたまじゃくし? / あめが ふるふる / もりモリさまの森 / オオカミのはつこい / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(7) 古田足日子どもの本 / かとりせんこう



未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか




全ページためしよみ
年齢別絵本セット