新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
もりのおるすばん

もりのおるすばん

  • 絵本
作: 丸山 陽子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,466

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2012年07月10日
ISBN: 9784494007608

4・5歳から
B5判 26.6×19.1cm 32頁

この作品が含まれるテーマ

みどころ

森の木々の緑が美しく、とても気持ちの良い空気を感じます。
その大きな森の中にぽつんと建っている、赤い屋根の小さなおうち。
どんな人が住んでいるのでしょう。

家の前を大きなくまがどっしどっしと歩いていると、ドアが開いて飛び出てきたのは赤いワンピースと靴を
はいた小さな可愛い女の子。何かを訴えているようです。
「しずかに、しずかに」。
今度はお散歩中のしかの足音がこつこつ・・・
するとやっぱり女の子は
「しずかに、しずかに」。ドアから飛び出してきます。
次々にやってくる森からのお客さんにもくりかえします。一体どうしてなのでしょう。
それは最後の場面で全てがわかるのですが・・・極上の幸せな瞬間が待っています。お楽しみに!

相手の目線に合わせて訴える必死な表情の女の子と、理解してみんなで協力する森のお客さんたち。
それらの可愛らしいしぐさややり取りは、繰り返し読めば読むほど心があたたかくなってきます。
そしてそれらの全てを優しく包み込んでくれているような、大きな森の心地の良い風。
素敵な世界に迷い込んだような気分を味わってくださいね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

もりのおるすばん

出版社からの紹介

おおきなもりのなかにある、ちいさなおうち。そこにおおきなくまが「どっし どっし」と
やってきました。ところがおうちのなかから女の子が出てきて「しずかに しずかに…」と
いうのです。次々やってくる森からのお客さんにも、女の子は「しずかに しずかに…」と
くりかえします。それはなぜなのでしょうか?森の中の心地よい風、木の葉が鳴る音が
聞こえてきそうな世界を味わってください。

ベストレビュー

優しいまなざし

お留守番といえば、心細い?
いいえ、この女の子はそうではないようですね。
大きな森の小さな家でお留守番している女の子が主人公。
この家のそばで音がすると、女の子は「しずかに しずかに」と注意するのですね。
まるで大きな使命感を抱えたような、女の子の必死さが印象的です。
音の正体は、クマなどの動物たちの生活音。
でも、動物たちも、ちゃんと察して協力するのが嬉しいです。
大きな森のなかだからこそ聞こえてくる音が、何とも素敵です。
そして、「しずかに しずかに」の理由がそれはそれは温かいです。
お姉ちゃんだからこその温かいまなざし。
そして動物たちも、みんなみんな、同じ気持ちになってしまう光景。
何て幸せな光景でしょう。
幼稚園児くらいから、女の子へのエールも込めて、幸せのお裾分けを。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本

丸山 陽子さんのその他の作品

しあわせなクレヨン / リトルサンタ



装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

もりのおるすばん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット