季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ばらいろの童話集

ばらいろの童話集

  • 児童書
作: アンドルー・ラング再話
訳: 川端 康成・野上 彰 編・訳
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥880

「ばらいろの童話集」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年06月
ISBN: 9784035510703

サイズ(判型)19cm×13cm ページ数328ページ

出版社からの紹介

「トントラワルドの物語」(エストニア)「王様の健康を!」(ロシア)など、ラングが編さんした世界のむかし話17編を収録。

ベストレビュー

面白いおはなしがいっぱい!!

先日同じラングの全集の「1・みどりろ…」を読みましたが、2巻目のこちらの方が個人的には好みのお話が満載でした。
田田、1巻に比べると、1話1話がやや長めなので、あまり小さなお子さんだと、話が長くて飽きてしまうかもしれません。
ひとり読みなら小学校中学年くらいの物語好きのお子さんたちにお薦めしたいです。
タイトルや表紙の挿絵からも何となくわかるかもしれませんが、この2巻には「王子さま」や「お姫さま」がたくさん登場し(王さまやお妃さまの場合もある)、
冒険や魔法使いとの戦いの旅に出るお話が多かったので、どちらかといえば、ロマンチックなハッピーエンドが好きなお子さんに一番お薦めしたいです。

この『童話集』は(1巻の感想にも書きましたが)、
童話集というより、ラングが当時集めた世界各国の昔話や民話をラング流にまとめた昔話集です。
なので、どの話もどこかで聞いたことのあるようでもあるし、いろんな昔話が混じっている(?)と思うようなお話もありました。
特に気に入ったのは「けもののことば」と「「花をつんでどうなった」でした。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アンドルー・ラング再話さんのその他の作品

みどりいろの童話集 (改訂版ラング世界童話全集1)

川端 康成・野上 彰 編・訳さんのその他の作品

偕成社文庫 ラング世界童話全集 (12) くじゃくいろの童話集 / 偕成社文庫 ラング世界童話全集 (11) さくらいろの童話集



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

ばらいろの童話集

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット