あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
怪談小泉八雲のこわ〜い話 1 耳なし芳一・ろくろ首
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

怪談小泉八雲のこわ〜い話 1 耳なし芳一・ろくろ首

  • 児童書
原作: 小泉 八雲
絵・文: 高村 忠範
出版社: 汐文社

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「怪談小泉八雲のこわ〜い話 1 耳なし芳一・ろくろ首」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年06月
ISBN: 9784811378787

A5
127頁

内容紹介

盲人の芳一は、源氏と平家の戦の物語を得意とする琵琶法師。
ある夏の夜、寺の和尚の帰りを待ちながら琵琶の練習をしていると、
何者かが裏門から入り、自分の主人の元で琵琶を引くために館へ来るようにいわれるが…。

ベストレビュー

「耳なし芳一」を知ってますか?

原作は小泉八雲ですが、この作品の文・挿し絵は高村忠範さんです。
はっきりとした太い線(版画絵かもしれません)で、とても見やすいです。
学校の読み聞かせで使えないかなと、読んでみたら1作に約20分もかかってしまったので、読み聞かせに使うのは、すこし難しそうですが、
小泉八雲の「怖い話」を小学生の子どもたちにもわかる内容にまとめてあり、とても読みやすかったです。

わたしは子どもの頃、子ども用のラジオドラマ「耳なし芳一」を聞いて、ぞーっとするほど怖かったのことを今でも覚えています。
今の子どもたちは「耳なし芳一」知らないだろうなぁ。
平家物語も関係してくるすごく奥深い物語です。
いいテーマを見つけて子どもたちに紹介していけたらいいなと思っています。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かわうそモグ
    かわうそモグの試し読みができます!
    かわうそモグ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    モグとアオメは、カワウソの兄弟。ウナギを食べようと女の子に変身したモグですが…。

小泉 八雲さんのその他の作品

だんごをなくしたおばあさん / 角川つばさ文庫 怪談 日本のこわい話 / 耳なし芳一 / 紙芝居 あらしのうみのゆうれい / 耳なし芳一・雪女 八雲怪談傑作集 / 偕成社文庫 怪談

高村 忠範さんのその他の作品

津波!!命を救った稲むらの火



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

怪談小泉八雲のこわ〜い話 1 耳なし芳一・ろくろ首

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット