もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
カプリの王さま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カプリの王さま

  • 絵本
作: ジャネット・ウィンターソン
絵: ジェーン・レイ
訳: 柳原 由紀 Ayuo
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「カプリの王さま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年04月
ISBN: 9784097262077

大菊倍判/32頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

子どもから大人まで楽しめる寓話絵本
イギリスでも有名は、小説家ジャネット・ウィンターソンの初めての絵本。日本でも人気の絵本作家ジェーン・レイが絵を手がけるゴールデンコンビの絵本です。
 カプリの島に、食べることが大好きな王様がいました。毎日毎日ごちそうを食べ放題、気ままに暮らしていました。王さまは、「口が二つあったら、もっとおいしいものをもっといっぱい食べられるのに……」なんていっていました。ところがある日、大嵐がやってきて、王様の洋服、食べもの、牛、自転車…、すべてのものが風に吹きとばされて、向かいの町ナポリの貧しい洗濯屋のおばさんの家に、ドッスーンと落ちてきたのです。こまった王様は、洗濯おばさんに会いにでかけていきました。そして貧しいけれども豊かに暮らす人たちを知った王様は、洗濯おばさんと結婚して、幸せに暮らしました…。子どもから大人まで楽しめる寓話絵本です。

ベストレビュー

ハッピーエンドが嬉しい!

カプリの島の王様は、とても食いしん坊です。

大嵐がやってきて、王様の服や御馳走を入り江の向こうの町ナポ

リの貧しい洗濯おばさんこと、ジュエルおばさんの裏庭に次から

次に落としていきました。王様は、しかたなくジュエルおばさんの

家に行って話をしているうちに、優しくて気前がよいジュエルおば

さんが愛おしくなって、結婚したお話でした。

ジュエルおばさんが言った「それじゃあ、みんな、持って帰ったら

いいんじゃない?」といった言葉が大好きで、気持ちがすっきりし

ました。思いやりがあって、とても気に入った言葉になりました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジャネット・ウィンターソンさんのその他の作品

クリスマスの物語 ライオンと一角獣とわたし

ジェーン・レイさんのその他の作品

幸福の王子 / サーカスの少年と鳥になった女の子 / リンゴのたねをまいた おひめさま / 白雪姫 / 絵巻物語フェアリーテイル / 遠くからみると



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

カプリの王さま

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット