なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
とべ あほうどり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とべ あほうどり

文: 長谷川博
絵: 伏原 納知子
出版社: 新日本出版社

本体価格: ¥1,068 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「とべ あほうどり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年12月10日
ISBN: 9784406006507

幼児〜小学校中学年

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

何百万羽もいた鳥島のあほうどり。心ない人に殺され、絶滅したと思われていましたが、島のかたすみでひっそり生きていました。たったひとつしかうまない卵を、親がこうたいで、雨の日も風の日もあたため、ひなをかえしていたのです。

ベストレビュー

悲しい歴史のある鳥

東京からはるか南にある鳥島に住む、
特別天然記念物のあほうどり。

かつては何百万羽もいたとされるけれど、
羽毛布団の材料にする為に乱獲され、
その後島の火山も噴火し、
絶滅したのではないかと言われていました。

そんな悲しい歴史の紹介と、
あほうどりが卵を産んで、成長し、巣立つまでを
丁寧に描いています。

何故雛鳥が親鳥よりも重くなるのかの理由を知った時は、
厳しい自然で生き抜く鳥の凄さ、偉大さを感じました。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長谷川博さんのその他の作品

アホウドリからオキノタユウへ 50羽から5000羽へ / オキノタユウの島で / ノンフィクション 科学の扉 アホウドリに夢中

伏原 納知子さんのその他の作品

京のわらべうた いっしょにうたいまひょ / どんどんのびる草 / おはよう ちびっこゴリラ / 林のどんぐり


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 生物学 > とべ あほうどり

世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

とべ あほうどり

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット