話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ
ひぐまの冬ごもり

ひぐまの冬ごもり

文: 加納 菜穂子
絵: 滝波明生
出版社: 新日本出版社

税込価格: ¥1,175

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「ひぐまの冬ごもり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1980年12月20日
ISBN: 9784406007306

幼児〜小学校中学年

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

霜がおりると、ひぐまは冬ごもり用の穴をほります。1月、雪の下で両手にのるほどの子ぐまをうみ、春、4ヵ月ぶりに地上へでてきます。きびしい冬の北海道で続けた観察をもとにつくりあげた絵本には、新鮮なおどろきがみちあふれています。〈よい絵本〉選定図書

ベストレビュー

ひぐまの生態について詳しく描かれています

新日本動物植物えほん<Vリーズで〈よい絵本〉選定図書となっているので読んでみました。夏の終わりから春にかけてひぐまが冬眠をする様子が詳しく書かれています。くまが掘る穴の大きさや冬眠前の脂肪の厚さ、生まれたばかりの子ぐまの大きさや腹ペコで冬眠から覚めた時の体重など、具体的に書かれていて興味深いです。そして、ひぐまの赤ちゃんはおっぱいとねんねで4ヶ月間過ごすところは人間と同じで、長男と次男の生まれたばかりの頃が懐かしく思い出されました。今度動物園でクマを見るときには、今までとは違った視点で観察出来るかもしれません。
(くりこきなこさん 30代・ママ 男の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


滝波明生さんのその他の作品

ファーブル昆虫記 じがばち / ハムスターのかいかたそだてかた / 動物・小鳥のかいかたそだてかた / ぞうさんのはな / たぬきの子 / のうさぎ にげろ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 生物学 > ひぐまの冬ごもり

堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

ひぐまの冬ごもり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット