宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
やんばるの森がざわめく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やんばるの森がざわめく

文: 本木洋子
絵: 高田三郎
出版社: 新日本出版社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「やんばるの森がざわめく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • 無料ラッピングキャンペーン実施中!!

作品情報

発行日: 2001年03月25日
ISBN: 9784406028028

小学校中学年〜小学校高学年

出版社からの紹介

一人だけの夜。リンはシヌグ祭りの夢をみていた。――やんばるの森を背にせいぞろいしたシヌグ祭りの一日ガミたち。おじいが、とうさんが、子ネコを抱いたリンがいる。「エーヘーホーイ」豊かな山の恵みに感謝する祈りの声がひびきわたる――。

ベストレビュー

絵が素晴らしかった

森に生きる宝を守るために、
人間が捨てにきたネコを退治しに行く場面までは
ドキドキしながら読めたのですが、
そこからは沖縄のお祭りのこともあり、
詰め込みすぎているのか
読んでいてよくわからなくなりました。

でも、絵が素晴らしかったです。
色遣いや風が吹いているような筆遣いが
沖縄に連れて行ってくれたような気がします。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


本木 洋子さんのその他の作品

神さま・ほとけさま 宗教ってなんだ! / 決まり・ならわし 暮らしのルール! / 伝統アート 匠の技、さえる! / クジラ対シャチ 大海原の決闘 / イラクのいまを知る本 おとなはなぜ戦争するの (2) / アンモナイトの夏

高田三郎さんのその他の作品

クリスマスってなあに / 紅玉(こうぎょく) / 広野の馬 / ぐみ色の涙 / 銀のうさぎ / 折り鶴の子どもたち



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

やんばるの森がざわめく

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット