話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
カドヤ食堂のなぞなぞ

カドヤ食堂のなぞなぞ

作: 富安 陽子
絵: 宮本 忠夫
出版社: 新日本出版社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1997年08月15日
ISBN: 9784406025300

小学校低学年〜小学校中学年

出版社からの紹介

カドヤ食堂のまぼろしのメニュー…“うな丼”を食べるため、ひさしはカドヤのおじさんと“田うなぎ”をとりに出かけました。田んぼにいる番人のなぞなぞに答えられないと、田うなぎはとらせてもらえません。二人はなぞなぞに答えられるでしょうか。

ベストレビュー

高度成長時代に小学生だった方にもお勧めします

昔、Eテレの番組で、役者さんがこのお話を朗読されているのを偶然聴きました。
クセのある食堂のおじさんと、幻のメニューのうな丼に惹かれ、少しハラハラしながら聴き入りました。
本で読みたくなり、図書館で借りました。
作者の富安陽子さんと私が同世代だからか、時代背景がとても懐かしかったです。
主人公の僕はマンションに住んでいて、夏は玄関ドアにチェーンをかけ、ドアを開けっ放しにして風を通しています。
高度成長時代、エアコンが贅沢品だったことを思い出しました。
(みいのさん 60代・その他の方 )

出版社おすすめ


富安 陽子さんのその他の作品

ホオズキくんのオバケ事件簿(3) 4年1組のオバケ探偵団 / 妖怪一家 九十九さん 妖怪たちと秘密基地 / ゆりの木荘の子どもたち / さくらの谷 / カラスてんぐのジェットくん / ホオズキくんのオバケ事件簿(2) オバケはあの子の中にいる!

宮本 忠夫さんのその他の作品

読書リレー(3) 1〜2年生 くわせろ / 読書リレー(2) 5〜6年生 頭蓋骨のたんこぶ / 紙芝居 走れメロス / とっておきのあさ / 松谷みよ子 おはなし集3 / やぶ坂からの出発



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

カドヤ食堂のなぞなぞ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット