話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

ロケットにのって
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ロケットにのって

文: 泉 啓子
絵: 関口 シュン
出版社: 新日本出版社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年03月10日
ISBN: 9784406029964

小学校高学年〜中学生

出版社からの紹介

二年前にアメリカへ行ったはずのレンが、突然六年三組にもどってきた。親友だったツバサは、一緒に卒業できると大喜び。二人はレンが引っ越すまで住んでいた家の庭にしのびこむ。そこには、レンの“宝物”がうまっているはずだった――。

ベストレビュー

友達

卒業まで残り3ヶ月という時、アメリカに行ったレンが戻ってきた!?
5年は行っているという話なのにに2年くらいで戻ってきたり、母親とあまり快適とは言えない住処に住んでいたり、感じ的にもなんだか…?
大好きな友達たちといっしょに卒業したいから戻ってきたという話ですが、穿った見方かな?と思いながら読みました。
レンの親友ツバサ、レンの家を借りている一家の息子ネギマ、レン・ツバサと幼なじみなユキノの視点でお話が進みます。レン視点はないのね。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


泉 啓子さんのその他の作品

とりかえっこ / ずっと空を見ていた / 夕焼けカプセル / 晴れた朝それとも雨の夜 / 夏のとびら / 青空のポケット

関口 シュンさんのその他の作品

はじめての心の星うらない / 日食・月食のひみつ / こちら「110番動物園」 / フルーツドロップ / ホタルの光る川 / とびっきりの日々



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

ロケットにのって

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット