宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
扉を開けて
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

扉を開けて

編: 日本児童文学者協会
絵: 三村久美子
出版社: 新日本出版社

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「扉を開けて」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年08月15日
ISBN: 9784406033091

小学校高学年〜中学生

出版社からの紹介

九歳で日本にやってきた中国残留孤児三世の岡本隆(「扉を開けて」)。戦火を生きるアフガニスタンのジャンビーヤ(「死んでもいわない」)、コソボのベキム(「マルコのサッカーボール」)。「命」をおびやかし、「自由」を奪う戦争について、子どもたちと考え合いたい短編6編を収録。日本児童文学者協会創立60周年記念出版。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

日本児童文学者協会さんのその他の作品

迷い道へようこそ / 友だちになる理由 / ここから続く道 / なぞの扉をひらく / 5分ごとにひらく恐怖のとびら 百物語(3)強欲のとびら / 5分ごとにひらく恐怖のとびら 百物語(1)絶叫のとびら

三村久美子さんのその他の作品

華花さんのあたらしい家 / 涙のタイムトラベル 事件ハンタ−マリモ / 光れ!アタッシュケ−ス 事件ハンタ−マリモ / ようこそ!筋肉★学習塾へ / ねむれない夜 事件ハンタ−マリモ / 地下室から愛をこめて 事件ハンタ−マリモ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

扉を開けて

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット