話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

地球の心はなに思う
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

地球の心はなに思う

編: 日本児童文学者協会
絵: 石庭 美和
出版社: 新日本出版社

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「地球の心はなに思う」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年10月18日
ISBN: 9784406050692

小学校高学年〜中学生

出版社からの紹介

1945年3月半ば、ドイツのベルゲン・ベルゼン収容所。そこは「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクが、解放を目前に亡くなったところ。現代の日本からタイムスリップした広子と美沙は、なんとかアンネを救おうとするのだが……(「続アンネの日記」)。子どもとともに戦争と平和を考え合いたい短編6編と詩1編を収録。

ベストレビュー

考え守ろう。

もちろん親も戦争を知らない世代、祖父母さえも戦争を知らない世代が多くなってきた現代の子供達。
そんなこれからの未来を担う子供達にどう戦争の悲惨さと平和の大切さについて教えるか、大きな課題に思います。
人を通して語れなくなりつつ今、本の役割は非常に大きいのではないでしょうか。
子供達に、いいえ大人達にも、読んでほしい1冊に思います。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

日本児童文学者協会さんのその他の作品

真昼のキョーフ / 夜明け前のキョーフ / 真夜中のキョーフ / やがて、物語は逆転する / そして、物語は決着する / 物語は4つの顔をもつ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

地球の心はなに思う

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット