宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
羅生門
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

羅生門

  • 絵本
文: 日野 多香子
絵: 早川 純子
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「羅生門」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年09月07日
ISBN: 9784323072456

小学校中学年
21.0×25.6cm
32ページ

みどころ

じっとこちらを見つめている、大きな目をした子どもの表情が印象的な表紙。よく見れば、ほら、おでこから角が生えています。
『羅生門』といえば芥川龍之介の小説が有名ですが、角の生えたオニは出てこなかったはず・・・。そう、この作品は芥川龍之介の『羅生門』ではなく、日野多香子の『羅生門』なのです。
舞台は今から千年以上前の平安時代、さびれはてた京のみやこの羅生門に命からがらたどり着いた、幼子ゆきまろと母。やむなく母に置き去りにされたゆきまろは盗人の親分に拾われ、生きるために盗みを働くようになります。
盗人となったゆきまろは、親分と仲間が役人に捕らえられて処刑されると、羅生門に住み着いてひとり盗みを続けます。悪いことをしているという心の痛みももはやなくなったある夜、池に映った己の姿・・・二本の角を持つ、恐ろしいオニの姿・・・に驚きます。もはや持っている資格はないと母の形見も捨て、ゆきまろの心はさらにすさんでいきます。いつしか、羅生門には恐ろしいオニが出る、と人々が噂しあい、近づく人も減っていったのです。
そんなある冬の夜、羅生門の柱のかげで腹をすかせて獲物を待っていたゆきまろの前に、ひとりの老婆が通りかかります。襲いかかるゆきまろに対して老婆がしたこととは・・・。老婆とのやりとりを通じて、ゆきまろに人としての心が蘇ります。
オニは最初からオニなのではない、悲しい身の上に、やむなくオニになる。ゆきまろが人の心を失いオニになっていく様に、そんなせつなさを感じずにはいられません。それでも悲しみや嫌な想いをさほどは感じずに、物語の主題に引き込まれていくのは、物語にぐっと重みを添えながらも親しみが湧くイラストのおかげでしょう。子ども達は、大きな目をしたゆきまろの姿に自分を重ね、悲しくはじまった物語の希望に満ちた結末に安堵し、強く生きていくための種を得ていくことでしょう。大人になってからも思い出す絵本の一冊となりそうな、そんな骨太の絵本。本棚に加えたい一冊です。

(金柿秀幸  絵本ナビ事務局長)

羅生門

出版社からの紹介

平安時代、不遇な身の上により盗賊に育てられたゆきまろは、母の形見の勾玉と共に人の心も捨てたオニと化す。
しかし羅生門で一人の老婆の温かさに触れ、再び心を取り戻していくのだった。
今昔物語集に題材を取った新創作民話。

ベストレビュー

羅生門を舞台にしたお話

魑魅魍魎の集まる羅生門に捨てられた小さなゆきまろ。
盗人の一味に拾われて、生きるために盗みを覚えていきます。
けれどある時、盗人の親方が殺されて・・・

妖怪が多く住まう時代、妖怪の集まる羅生門にいて、心が荒んでいくゆきまろの様子が、子の成長を見るうえで、辛く悲しいものに思えてなりませんでした。

けれど最終的には自ら更生し、汗水流して働くことを選ぶ。
そしてその姿を尼になった母が人知れず見つめていて・・・

読んでいてそれほど恐ろしさはなく、どちらかというと生きることの苦しみ、哀しみが強く感じられる内容でした。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

日野 多香子さんのその他の作品

講談社青い鳥文庫 打順未定、ポジションは駄菓子屋前 / 友情の輪 パプアニューギニアの人たちと / みんなの友だち、ツガルさん / リタイア犬ポリーの明日 / 今日からは、あなたの盲導犬 / あの子はだあれ

早川 純子さんのその他の作品

日本の神話 古事記えほん【五】 国づくりのはなし〜オオクニヌシとスクナビコナ〜 / 紙芝居 おばけのおまじない / 十二支のおもちつき / ゲーゲー ピーピー おなかのびょうき / いえのなかの かみさま / もしかして ぼくは



>絵本エイド ―こころにひかりを―

羅生門

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット