あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
だいじょうぶかなあ森や海
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だいじょうぶかなあ森や海

著: エレナ・パスクアーレ
出版社: 女子パウロ会

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年01月
ISBN: 9784789606974

サイズ:A4

内容紹介

パンダやアフリカゾウなど、世界でも稀少な動物たちの数がどんどん減って、住むところも食べ物もなくなっている。なぜだろう。絶滅の危機にある動物たちの生活を紹介しながら、環境問題への関心を呼びかける絵本。

ベストレビュー

地球には動物たちも生きてます 絶滅させないように

地球 人間は自分たちの生活を便利にしようと考えて 発展させてきました 
それが 地球に住む動物たちの生活環境をこわし 絶滅の危機に追い込んでいるのも 人間です
この絵本に出てくる動物たちの声を聞いて見ましょう
パンダ  人間が木をきって 地面がむき出しになり 食べ物がなくなってきました
木をきったら 植物を植える事をしなくてはなりません
ゾウたちの声   人は畑と作物を守り 生きています
同じように ゾウも たくさんの草を食べれる 草原が必要です

人間は 絶滅の心配のある動物たちを守るために 森の保護区を作り守ろうとしています
このような 考え方の人がたくさんいると良いですね!

ユキヒョウ ヤク 北極グマ コガラシネズミイルカ  いろんな動物が生きています
私たち人間は 地球を守っていくために 謙虚に 自分たちの開発だけでなく地球のことを考えていくことが大切だと思いました
命の大切さを教えられました

(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エレナ・パスクアーレさんのその他の作品

イツクのクリスマスのたび



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

だいじょうぶかなあ森や海

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット