新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
おいし〜い

おいし〜い(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第2巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ
パンとバラ ローザとジェイクの物語

パンとバラ ローザとジェイクの物語

  • 児童書
作: キャサリン・パターソン
訳: 岡本 浜江
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年09月
ISBN: 9784030180703

20cm×14cmページ
338ページ

出版社からの紹介

国際アンデルセン賞作家キャサリン・パターソンの作。
アメリカで実際に起こった移民労働者のストライキを題材に、労働者の娘ローザと貧しい少年ジェイクの日々を描く。

ベストレビュー

タイトルがすごくよく物語を表しています。

これは歴史に」基づいたアメリカ移民労働者たちの初の「ストライキ」事件を描いた児童書です。
主人公のローザはイタリア移民の12歳くらいの女の子(6年間小学校で習ってきたという記述があるので)と、
母親を亡くして、(今でいうDVの)父親と二人暮らしの貧困生活を送っているローザより2、3歳年上のジェイクという少年。
二人はどちらかというと「ストライキ」運動なんて望んでいtないのに、大人たちの渦に巻き込まれていきます。

移民労働者たちのストライキ運動が、それぞれの子どもたちの目線で語られているので、私はいつの間にか目の前どこっているような感覚になりました。

この本のタイトル、は実際に史実に残っているストライキのプラカードに使われていたスローガンで
『パンとバラがほしい』からつけたのだそうです。
このスローガン、すごいですよね〜。
『パンがほしい』でも、人は『パンだけでは生きていけない。
『(私たち=移民労働者は)バラもほしいんだ』と、唱ってるんです。なんだか、この当時の人たちの気持ちの崇高さを感じますよね。

後半はローザとジェイクがストライキの渦中から逃れ、少し離れた別のイタリア移民たちの町に疎開(という言葉が一番ぴったり)した時の話になっています。
この時二人を引き取って仮住まいさせてくれたイタリア移民の夫婦、ジェルバーティ夫妻はつらい過去があるものの、とてもいい人たちで、実の父親からももらったことのない厳しいけれど強い愛情をもらうことができて読み終わった時はほっとしました。

アメリカの200年くらい前の歴史の話なので、ピンと来ない点も多いかもしれませんが、歴史やアメリカ事態に興味のある人はぜひ一度手にとって読んでみてほしいです。
小学校の高学年くらいから、中学生。高校生のお子さんたちにお薦めします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


キャサリン・パターソンさんのその他の作品

北極星を目ざして / かぼちゃ畑の女王さま / ワーキング・ガール−リディの旅立ち / もうひとつの家族 / 父さんと歌いたい / 海は知っていた

岡本 浜江さんのその他の作品

シャーロック・ホームズには負けない / すっとび犬 指名手配 / 偕成社文庫 テラビシアにかける橋 / 両親をしつけよう! / すっとび犬のしつけ方 / 金曜日がおわらない


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 外国文学小説 > パンとバラ ローザとジェイクの物語

「Z会グレードアップ カードとえほん」監修首藤久義さんインタビュー

パンとバラ ローザとジェイクの物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット