話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

ふうと はなと きじ

ふうと はなと きじ

  • 絵本
作: いわむら かずお
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年10月20日
ISBN: 9784494001972

3歳から
18.8×23.8cm
32ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


いわむらかずおさんにインタビューしました!

みどころ

「のうじょうで あそんでくる」
そういってお母さんのもとから白い雲の浮かぶ農場にやってきたのは、
野うさぎのふうとはな。
だいこん畑にいると誰かがやってきたので、二人はだいこんのかげでじっと隠れます。
すると、近くで同じ様にじっとうずくまって卵をあたためていたきじのお母さんに出会います。
「たまごから もうすぐ、わたしの こどもたちが、うまれるの」
ふうとはなは、きじのお母さんの真似をして、羽にもぐって目を閉じました。
しばらくすると、おなかの下から「ぴよ ぴよ ぴよ」と、声がきこえてきて・・・。

いわむらかずおさんの「ふうとはなの絵本」シリーズ第3作。
生まれてきたきじのあかちゃんたち、そのあかちゃんたちを世話をしようとするふうとはなの可愛さ!
今作もみどころはたくさんあるけれど、
なんといっても印象的なのはきじのお母さんの厳しさと優しさの合わさった表情。
いわむらさんはこのお話を描く数年前、「えほんの丘農場」のだいこん畑で、
実際に卵を抱いているきじのお母さんに出会ったそう。
その時、逃げようともせず、葉かげからじっと見つめ返してきたのが、
子を守ろうとする強い母のまなざしだったのです。

こんな風に、畑の片隅にもたくさんの命のいとなみがあるということ。
絵本を読んだ子どもたちも、きっとたくさんのことを感じとっているにちがいありません。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

白い雲がうかぶ農場。だいこん畑で、野うさぎのふうとはなは、卵をあたためているきじのおかあさんに出会いました。
「たまごから もうすぐ、わたしの こどもたちが、うまれるの」
ふうとはなが、おかあさんの羽にもぐって目をつむっていると、お腹の下から、ひなたちの声が聞こえてきました。

「ふうとはなの絵本」シリーズ第3作。

ベストレビュー

子どもの成長

ふうとはなのシリーズ3冊目。
お母さんの元を離れて、2匹で出かけて、いろんなものと出会って少しずつ成長していく姿を微笑ましく見守っています。
きじと出会って、新たな命の誕生に立ち会った2匹。赤ちゃんをおんぶしたりだっこしたり可愛がる姿は、とても優しい気持ちになります。
我が家の周りでも、よくきじを見かけました。娘を抱っこして、散歩した時にもつがいのきじを見かけたり。
この2年で、うちの周りにどんどんと新しい家が建って、最近はしばらく姿を見かけていません。
どこかで元気にしていることを願ってます。
お母さんの元に帰って、おっぱいを飲む姿は、まだまだ赤ちゃんですが、親の見てないところで子どもは成長してるなぁと思いました。
(ピーホーさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いわむら かずおさんのその他の作品

2021 14ひきのカレンダー / トガリ山のぼうけん(2) ゆうだちの森 / トガリ山のぼうけん(3)月夜のキノコ / トガリ山のぼうけん(4) 空飛ぶウロロ / トガリ山のぼうけん(5) ウロロのひみつ / トガリ山のぼうけん(6) あいつのすず



 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

ふうと はなと きじ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット