あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
こびととくつや
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こびととくつや

作: グリム
絵: カトリーン・ブラント
訳: 藤本 朝巳
出版社: 平凡社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784582829884

ベストレビュー

小道具が活きています

『こびととくつや』と『こびとのくつや』。
同じ話なのに微妙に違うこのタイトル。
心なしか、カトリーン・ブラントの絵本は小道具にスポットを当てています。
働き者なのに貧乏になってしまった靴屋さん夫婦が、最後に残った一足分の靴の皮を置いて一晩経ったら、靴が出来上がっていました。
靴屋さんの驚きと、感謝の気持ちがわかりやすく描かれている一方で、小人たちも描かれるときには小人たちにスポットが当てられています。
靴とお金がだんだんと増えていきます。
小人がせっせと靴を作っているところを見た夫婦は、小人に感謝の贈り物をします。
小人たちは贈り物をもらったら、お役御免とばかりに出ていってもう二度と戻ってきませんでした。
それでも、靴屋さんがそのまま繁盛したのは、夫婦が裕福になっても怠け者にならなかったからですね。
我が家でバーナデット・ワッツの『こびとのくつや』と立て続けに読んだとき、評価はワッツに上がってしまいましたが、私はこちらの方が好きです。

(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリムさんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / ラプンツェル / 人くい鬼 / ねむりひめ / 白雪姫 / ハーメルンのふえふき

カトリーン・ブラントさんのその他の作品

ヘンゼルとグレーテル グリム兄弟の童話から / 漁師とおかみさん グリム兄弟の童話から

藤本 朝巳さんのその他の作品

絵を読み解く 絵本入門 / 松居直と絵本づくり / 子どもと絵本 / ベーシック絵本入門 / たのしい どうぐばこ / リンゴのたび



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

こびととくつや

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット