まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
プレゼント
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

プレゼント

  • 絵本
作: ボブ・ギル
訳: アーサー・ビナード
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年09月10日
ISBN: 9784593505401

4歳から
21×21cm 32ページ

みどころ

ある日、ちょっぴりヒマだったアーサーが見つけたのは、
お父さんのクローゼットのおくにかくれている、赤いリボンのついた箱。
「あの箱の中味はなんだろう?」
アーサーには何となくわかります。
なぜならあと二週間でアーサーの誕生日がやってくるし、
お母さんはいつもプレゼントに赤いリボンをつけてくれるのですから。

さぁ、たっぷり時間があるアーサーの想像の時間が始まります。
ケーキ?おもちゃ?ひょっとしてふねかもしれないな。もしヨットだったら、公園へ持っていって…。
いやいや、それともボーリングのセット?チョコがずっしりつまっていたら、それはそれでオーケー。
もしかしたら、いつかねだったスケートぐつ?
それともそれとも…。
アーサーのワクワクと想像は止まりません。
果たしてその箱の中には何が入っているのでしょう。
読んでいる方も我慢できなくなってきたその時、玄関のベルが「ピンポン」と鳴り…。

あっと驚く結末が待っています。
いや、驚いたのは私だけかもしれません。
アーサーの行動を理解するのに少し時間がかかってしまったのですが、
冒頭のコメントを読んで納得。

“たべたリンゴよりも、あたえたリンゴのほうが、あとあじがいい。”
(ふるくからのいいつたえ)

子ども達の方がわかっているのかな?
作者はイラストレーター、デザイナーとしてニューヨークやロンドンで活躍したボブ・ギル。
軽快でおしゃれなイラストと、ついつい引き込まれるアーサーのつぶやき。
アーサー・ビナードさんの訳がついて、子どもから大人まで誰でも共感できる
プレゼントにぴったりな絵本となっています!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

プレゼント

出版社からの紹介

お父さんのクローゼットのおくにかくれている、赤いリボンのついた箱。
あのなかみは、なんだろう?おもちゃ? スケートぐつ?パズル? それとも、マフラー?
アーサー少年がわくわくして想像をふくらませた、そのプレゼントは……。
イラストレーター、デザイナーとしてニューヨークでもロンドンでも活躍した、ボブ・ギルの傑作絵本。

ベストレビュー

アーサー、まだプレゼントをもらってないよねえ・・・・・・も

アーサーは、お父さんのクローゼットに、青い☆の包装紙でつつまれた赤いリボンのついた箱を見つけました。アーサーのお誕生日が、2週間後にやってくるから、きっとその箱はアーサーのバースデープレゼントだと思って中身をいろいろ想像してました。そこまでは、わくわくして読んでいる私も楽しかったです。お誕生日の前日になって、尋ねてきたボランティアの女の人に、恵まれない子どもたちの為に、クローゼットから赤いリボンの箱を渡したのでびっくりしました。まだ、自分にもらってもいないから持ち主の許可がいるんじゃあないかなあと思いました。100%両親からのプレゼントだとは思いますが、気になった私でした。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アーサー・ビナードさんのその他の作品

そもそもオリンピック / 父さんがかえる日まで / 紙芝居 ちっちゃい こえ / わたしの森に / ずっと ずっと かぞく / なずず このっぺ?



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

プレゼント

みんなの声(12人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット