話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
ブラック・ドッグ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ブラック・ドッグ

  • 絵本
作: レーヴィ・ピンフォールド
訳: 片岡 しのぶ
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年09月20日
ISBN: 9784895728447

6歳から
21.8×28.5cm 26ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ある朝のこと。
一匹の黒い犬がやってきて家の前に腰を下ろします。
するとホープさん一家は大慌て!
「トラくらいもある黒い犬が…」ホープさんが警察に電話したかと思うと、
今度は「ゾウくらいもある黒い犬が、外に!」とホープ夫人がマグを落っことす。
更に黒い犬はどんどん大きくなって子どもたちも大騒ぎ。
ついに化け物みたいな姿に…!!

「どうしてそんなに怖がるの?」
あれ、皆さんはあの「ブラック・ドッグ伝説」を聞いたことがないのでしょうか。
一目見ただけでありとあらゆる悪運にとりつかれる、という。
「家の前にいるのが、そんな怖い伝説のある黒い犬だったらどうしよう」って思うじゃないですか。

でもホープ家の末っ子チャイだけは慌てません。
「ブラック・ドッグ」の正体を確かめるために、一人で外へ飛び出すのです。
あんなに小さな体なのに、何て頼りがいのある子なんでしょう。
震える家族と読者に身をもって何かを教えてくれているかのようです。

本当に不思議な物語。
でも、こういう事ってよくあるかもしれないな。そんなお話です。
独特の雰囲気とユーモアセンスを併せ持った絵にも、じわじわと惹き込まれてしまいます。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ブラック・ドッグ

出版社からの紹介

とある一軒家の前に現れた黒い犬。その姿は、どんどん大きくなっていき、一家は大混乱! 
あの恐ろしい、伝説の「ブラック・ドッグ」なのか? 
末っ子のチャイは「ブラック・ドッグ」の正体を確かめるため、外へ飛び出す。

ベストレビュー

ブラックドッグ伝説 知ってたら怖いかも・・・・

パパやママが見たのは おおきな大きな ブラックドッグ 

家からのぞいている目を見たら 怖いよね〜

一番末っ子の チャイのみた ブラックドッグは大きくて・・・でも チャイは 「うーんとちっちゃく、  もーっとちっちゃくならなきゃ、ついてこられなーい」

ブラッグドッグはどうしたとおもいますか?
チャイに ついてきたんですよ・・・

チャイは落ち着いていて 大人顔負けですね
絵がなかなか リアルでおもしろい  

ちょっと こわいかもね?

作者が ブラッグドッグを見たとか・・・・?

イギリスの人ならどう思うのかな?
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


レーヴィ・ピンフォールドさんのその他の作品

ダム この美しいすべてのものたちへ

片岡 しのぶさんのその他の作品

だれにも話さなかった祖父のこと / バーナムの骨 ティラノサウルスを発見した化石ハンターの物語 / 最古の魔術書 (1) エメラルド・アトラス  / 千年の森をこえて / 変わり者ピッポ / はるかな島


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ブラック・ドッグ

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

ブラック・ドッグ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット