これなんなん? これなんなん? これなんなん?の試し読みができます!
作: くりはらたかし  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
タヌキの島に流れ着く、さまざまな人間の道具。何に使うもの? タヌキたちは物知りな長老に質問しますが、長老の答えは…?
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
川のぼうけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

川のぼうけん

  • 絵本
文: エリザベス・ローズ
絵: ジェラルド・ローズ
訳: ふしみ みさを
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年09月25日
ISBN: 9784001112320

4・5歳から
B5判変型 上製
24.7×18.6cm 32ページ

みどころ

たかい山のてっぺんで降った雨。
その雨が土の割れ目をくだり、やがて小さな流れとなります。
はるか遠くの地平線に見えるのはきらきらと輝く青い海。
流れは空に飛ぶタカに言います。
「海を見にいくんだ。大きな川になりたいんだ。」
流れはやがて小川となり、川となり、水辺の動物たちにうたいかけながら、
激しく、時にのんびりおだやかに冒険を続けます。
ふと、川は自分が弱っていることに気がつくのです。
「これじゃあ、大きな川になる前にきっとからからになって消えてしまう…。」
このまま川は消えてしまうのでしょうか。
それとも大きな川となって、念願の海を見に行くことができるのでしょうか。

この物語の主役は「川」。
その誕生から、やがて大きな海へとたどり着く壮大な冒険を、
動物でも植物でもなく「川」の視点から描いています。
このユニークな作品を描いたのは、ケイト・グリーナウェイ賞も受賞したエリザベス&ジェラルド・ローズ夫妻。大胆なタッチと装飾的な線、そして深く美しい色彩が魅力的な絵で、変化する川の様々な表情を力強く、豊かに表現してくれています。
子どもたちは物語を楽しみながら、きっと自然の豊かさと大きさを感じることでしょう。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

山のてっぺんにふった雨が、小さな流れとなってかけおりていきます。魚や水辺の動物たちに「ぼく、大きな川になりたいんだ。海を見にいくんだ」とうたいかけながら、ときにおだやかに、ときに激しく流れる川の冒険の旅を、力強い筆づかいでいきいきと描きます。『トラのじゅうたんになりたかったトラ』の作者夫妻による美しい絵本。

ベストレビュー

高い山のてっぺんで、雨が降っています。

地面に落ちた雨粒たちは、土の割れ目を下り、草木の根本をまわって、やがて岩の上をちょろちょろ走る、小さな流れになって、

「ぼく、大きな川になりたいんだ」と・・・・

川が念願の海に流れるまでの川の冒険が描かれていました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

エリザベス・ローズさんのその他の作品

おおきなかしの木 / ウィンクルさんとかもめ

ジェラルド・ローズさんのその他の作品

トラのじゅうたんになりたかったトラ / それでもたまごはわれません / なんだこりゃたまご

ふしみ みさをさんのその他の作品

コレットのにげたインコ / プールのひは、おなか いたいひ / とびだせ!はなくそ はなくそゆうかいじけん / ワニをつかまえたこざるのおはなし / はなくそ だいピンチ! / スキャリーおじさんの とってもたのしい えいごえじてん



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

川のぼうけん

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット