新刊
やっぱり じゃない!

やっぱり じゃない!(フレーベル館)

あの驚きが再び!

  • びっくり
  • 盛り上がる
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
しずかな日々

しずかな日々

  • 児童書
作: 椰月 美智子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年10月02日
ISBN: 9784062135870

サイズ:四六判/ページ数:270

12歳〜 編集部おすすめ

出版社からの紹介

講談社児童文学新人賞受賞作家のやさしく、すこやかな、感動作。

そうか、少年って、こんなふうにおとなになるのか。

夜の神様が、どうかどうかぼくが今話したことをすっかり飲みこんでくれますように。

第45回野間児童文芸賞受賞
第23回坪田譲治文学賞受賞

ベストレビュー

過ぎてみれば輝かしい日々だったりする。

人生、毎日は意外としずかに過ぎていくもので、そうドラマチックなことはそうそうない。
そのしずかな日々にこそ、愛おしさが溢れている。
過ぎ去ってみれば、それは輝かしくさえ思える。
本としての物語だからって、何か劇的なことが起こる必要もない。
子供にだって、反抗的な子もいれば、物分かりの良い子もいれば、現状を受け入れざる負えない子もいる(良い子として心を押し殺している場合だってある)。
私はこの物語はこの物語で、「しずかな日々」として素晴らしいと思った。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


椰月 美智子さんのその他の作品

つながりの蔵 / ミラーワールド 1 / さしすせその女たち / 純喫茶パオーン / 美人のつくり方 / 講談社青い鳥文庫 14歳の水平線



2021年11月の新刊&おすすめ絵本

しずかな日々

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット