新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
パンプキン!  模擬原爆の夏

パンプキン! 模擬原爆の夏

  • 児童書
作: 令丈 ヒロ子
絵: 宮尾 和孝
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年07月
ISBN: 9784062170772

サイズ:A5判 ページ数:95

出版社からの紹介

わたしたちの町が、原爆投下の練習台に!?
身近にあっても見すごしていた戦争の大きな傷あとを夏休みの自由研究で調べてみると……。

1945年、終戦の年。
原爆投下の練習のため、模擬原爆・通称パンプキン爆弾が日本各地に49発も落とされていた事実を知っていますか?

本当にあったことを、小説で読む・知る

ベストレビュー

気軽に読める戦争の本

図書館の戦争関連の棚に発見、戦争を連想できないタイトルと表紙イラストに興味を持って読んでみました。

作者はあの若おかみは小学生シリーズの令丈 ヒロ子さん。
パンプキンとはかぼちゃではなく、模擬原爆のことで、戦争について、軽い文章で書かれています。
戦争関連の本と言うと、暗いとか、難しい言葉が多いとか、そういうイメージだったけど、すらすら読めるので、入口にいいかも。

模擬原爆とは、広島・長崎に原爆を落とす練習をする為に日本の各地に落とされた爆弾のこと。
”模擬”と名はついているが、放射性物質を積んでいないだけの爆弾で、死傷者が多数出たこと。
広島・長崎後も投下されていたことから、もし戦争が終わらなければ3個目の原爆が投下されていたかもしれないということ。

私自身も知らない事実がたくさん載っていました。
これを読んで、昨日までと違う自分に変われるかも!?
(ヤキングさん 20代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


令丈 ヒロ子さんのその他の作品

ポケットはん / クルミ先生とまちがえたくないわたし 藤島クリニック再生計画 / 妖怪コンビニで、バイトはじめました。 / おだんごねこさま / 講談社青い鳥文庫 若おかみは小学生! スペシャル短編集3 / 講談社青い鳥文庫 異能力フレンズ(3) 最強のフレンズ

宮尾 和孝さんのその他の作品

おはなしSDGs 陸の豊かさも守ろう 海をこえて虫フレンズ / 星明かり / 講談社青い鳥文庫 パンプキン! 模擬原爆の夏 / 教室に幽霊がいる!? / ゲンバクとよばれた少年 / 青空トランペット


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > パンプキン! 模擬原爆の夏

2月の新刊&オススメ絵本情報

パンプキン! 模擬原爆の夏

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット