宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
うわさごと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うわさごと

  • 絵本
作・絵: 梅田 俊作
出版社: 汐文社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

兄ちゃんのクラスに、広島からの転校生・ケンゴがやってきた。ケンゴの親は原子爆弾で亡くなったらしい。兄ちゃんは「ゲンシ病はうつる」って言ってるけど本当なんだろうか…。うわさから生まれる差別を考える絵本。

ベストレビュー

いじめている子にもいじめられている子にもおすすめ

「ジンピンゲレツ」
この文字が大きく書かれていて、一瞬何事かと考えてしまったのですが、漢字で書けば「人品下劣」なのでした。
暴力でいじめをする子も、ウワサを風評にしてねちっこいいじめをする子も、人品下劣。

お話は、人のうわさでけんかした自分に、おじいちゃんが自分の子ども時代のいじめを話し始めるところから始まります。
終戦後、そんな昔にもいじめはあったのです。
ヒロシマの原爆で家族を失って、父親は戦争に行って帰らない、そんなケンゴが遠い親戚の老夫婦と住んでいる場所が舞台。
ゲンシ病が移る。
とんでもない話ですが、その風評でケンゴはいじめられ、家族もいやがらせされています。
その片棒を担いだおじいちゃんのお兄さん。
「ジンピンゲレツ」は、その父親が一緒にケンゴの家に謝りに行った時に出した言葉でした。
不正をしっかりとただす父親の姿勢には感銘を受けましたが、話のポイントはそんなことではありません。
その時がきっかけで自転車屋になったかもしれないおじいちゃん。
おじいちゃんは、いじめに対して「ジンピンゲレツ」という言葉で、鋭い批判を持ち続けているのです。
それを自分に語ってくれたことが素晴らしいことだと思います。

このお話をさらに印象付けているのが、文中に織り込まれている宮沢賢治の詩「雨ニモ負ケズ」です。
最後に詩の全体が記載されていますが、繰り返し読んでいると、いじめられてくじけそうな子に、捧げたオマジナイのような気がしてきました。
負けるな!負けるな!
そんなエールのような気がしました。

いじめている子に対しては、いじめは「ジンピンゲレツ」だということ。
いじめは人間として最低の行為だという言葉も噛みしめてほしい。

久々の梅田俊作さんの絵本に、感動ひとしおです。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

梅田 俊作さんのその他の作品

おじいちゃん / 紙芝居 天人のよめさま / つきよのたけとんぼ / タイヨオ / 紙芝居 花咲き山 / 紙芝居 おこうおばさんの平和のいのり



>絵本エイド ―こころにひかりを―

うわさごと

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット