まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
完訳 オズのエメラルドの都
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

完訳 オズのエメラルドの都

  • 児童書
著: ライマン・フランク・ボーム
訳: ないとう ふみこ
挿絵: サカイ ノビー
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年06月
ISBN: 9784835447704

A5・上製

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「完訳版 オズの魔法使いシリーズ」翻訳者インタビュー

出版社からの紹介

不朽の名作シリーズが、完訳版でよみがえる
未邦訳作品『オズの小さな物語』を加えた全15巻で登場!

1900年にアメリカで出版された『オズの魔法使い』は、出版されるやいなや、
子どもたちの心を魅了し、空前のベストセラーとなった作品です。
その後、作者である児童文学作家のライマン・フランク・ボームは、
“オズの国”を舞台にした続編を、約20年かけて次々と発表していきます。
ボウムに生み出された《オズ・シリーズ》は14作となり、シリーズ誕生から
100年以上が経つ現在でも、世界中で愛読され続ける不朽の名作となりました。

今回は、シリーズ1巻目にあたる『オズの魔法使い』だけでなく、2〜14巻までの
続編と、日本で初めて出版されることになる『オズの小さな物語』(Little WIARD
Stories of Oz)を合わせた全15巻の《オズの魔法使いシリーズ》として
完訳版で刊行いたします。

■あらすじ
オズマ姫の招きで、オズの国へ移住することになったドロシー一家。懐かしい仲間とともに楽しいひとときを過ごすドロシーだが、一方で復習をたくらむ悪人ノーム王が、恐ろしい魔物を集めて、オズに攻こもうとしていた……!

ベストレビュー

オズの物語ひと段落

悪人側とオズマ姫・ドロシー側のお話が交互に展開していき、どきどきと楽しみながら読みすすめることができました。
ここでいったんボームはお話を終わりにしようとしたようでうまくお話が終わっています。
でもまたも読者の熱烈なラブコールにより続刊が出続けたとか。すごい人気ですね。しかしその人気も納得の面白さでした。
この巻でひと段落はしていますがその後のお話はいったいどんなお話なのだろうと気になります。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子2歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ライマン・フランク・ボームさんのその他の作品

すばらしいオズの魔法使い / 完訳 オズの小さな物語 / 完訳 オズのグリンダ / 完訳 オズの魔法 / 完訳 オズのブリキのきこり / 完訳 オズの消えた姫

ないとう ふみこさんのその他の作品

ジュリアが糸をつむいだ日 / ペットのきんぎょが おならをしたら……? / 角川つばさ文庫 アナと雪の女王 失われたアナの記憶 / 角川つばさ文庫 アナと雪の女王 愛されるエルサ女王 / マリゴールドの願いごと / 角川つばさ文庫 新訳 思い出のマーニー

サカイ ノビーさんのその他の作品

メアリー・ポピンズ AからZ / こちら動物のお医者さん(8) モルモットおうえんだん / 完訳 オズのリンキティンク / こちら動物のお医者さん(7) ポニー・パレード / 完訳 オズのかかし / 完訳 オズのチクタク



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

完訳 オズのエメラルドの都

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット