話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

パパとわたし

パパとわたし

  • 絵本
作: マリア・ウェレニケ
訳: 宇野 和美
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年10月20日
ISBN: 9784895728461

3歳から
A4変型判 31ページ

みどころ

”ときどきね パパと いっしょに いたくなる だけど パパは わたしと いたくない ときもある”
その逆もあるし、二人とも一緒にいたいときもある。
パパと一緒で嬉しいこと、パパが教えてくれること。
一緒にいても、何も言わないときもある。
ときどき、わたしは遊びたいのに、パパは遊びたくない。
ときどき、パパは話したいのに、わたしは話したくない。
そんなパパと娘の微妙な関係を詩的に綴ります。
「わたし」は思春期の女の子でしょうか。はっきり言えないけれど、なんとなく、でも確かに感じる気持ちを、うまく表現されています。
思春期の娘を持つパパに。今そうである女の子に。
そしてかつてそうだった大人のみなさんに。
ちょっと大人の絵本です。

(金柿秀幸  絵本ナビ事務局長)

出版社からの紹介

時々、わたしはパパと一緒にいたくなる。だけど、パパはわたしといたくない時もある。
時々、パパはわたしと話したいのに、わたしはパパと話したくない。
ただ一緒にいるだけでわかりあえる、微妙で不思議な父と娘の距離感を見事に描いた絵本です。

パパとわたし

ベストレビュー

パパと娘の距離

もうすぐ父の日、ということで、パパの絵本が読みたいと思って探しているときに見つけました。
モノトーンで、とても大人っぽい絵本です。
ときどきね、パパといっしょにいたくなる
だけどパパはわたしといたくないときもある。
そして、その逆もある。
パパと娘の、微妙な距離感を描いた作品です。
我が家の中学生になりたての娘とパパとの関係に似ているなと思いました。
娘とパパは、程よい距離で、ずっと良い関係でいてほしいと思います。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子13歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宇野 和美さんのその他の作品

エルビス、こっちにおいで / アルマの名前がながいわけ / しあわせなときの地図 / 紙芝居 ドラゴンのバラ / くろは おうさま / あしたのための本(1) 民主主義は誰のもの?



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

パパとわたし

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット