3わの ことりの はなし

3わの ことりの はなし

  • 絵本
作: ブルーノ・ムナーリ
訳: 谷川 俊太郎
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「3わの ことりの はなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年11月28日
ISBN: 9784577039618

子どもからおとなまで
33×25cm 22ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

巨匠ブルーノ・ムナーリの世界へようこそ!
ブルーノ・ムナーリの1945シリーズ第9巻目にあたる本作の表紙には、3羽の小鳥の上に縦の線が何本も入っています。
そう、小鳥たちは鳥かごの中にいるのです。ページをひらくと、
「3わのことり、ティオ、ティア、チが どうして とりかごに いるのか しりたい?では その わけを はなしてもらおうか。」
ということで、3羽の小鳥たちがそれぞれ、身の上話を始めます。
まず黄色い小鳥、ティオの話。ティオは羽根に包帯をしています。どんなことがあったのでしょう。
続いて赤い小鳥、ティアの話。ティアは・・・どうやら大事なところで眠ってしまうクセがあるようです。
そして青い小鳥、チの話。これはなんとも・・・まいりました!
ひとつひとつのお話しが、ちょっとしたしかけの造作になっています。
余白を存分に使い、シンプルな線と形と色で、独特の世界観を作り上げているこの作品、訳は日本の巨匠、谷川俊太郎氏。
本作でシリーズ9巻が完結し、全て揃えると背表紙にムナーリのサインが現れるという素敵な演出が!
今の時代に、これらの作品が(この価格で)楽しめることを実に嬉しく思います。
感性を刺激してくれるこのシリーズ、ぜひご家庭でお楽しみください。

(金柿秀幸  絵本ナビ事務局長)

出版社からの紹介

3羽の小鳥は、どうしてカゴの中にいるのかな?
それぞれの生い立ちが独立したフラップで語られ、3つの絵本がひとつになったような作り。
ラストの小鳥のお話に、ムナーリらしいユーモアが!

ベストレビュー

奥が深い

ムナーリのしかけ絵本。
表紙の3羽の小鳥が、身の上話を語る趣向。
少し複雑な仕掛けが、ティオ、ティア、チ、
3羽三様世界を際立たせていて面白いです。
どうやら、カルレット少年に飼われているようですが、
その波乱万丈な運命が奥深いです。
なかでも、最後のチのエピソードが意味深ですね。
ということは・・・!
たくさんの余白を感じます。
幼稚園児くらいから、その奥深さ、体感してほしいです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ブルーノ・ムナーリさんのその他の作品

闇の夜に / きいろの てじなし / みどりの てじなし / ジジは ぼうし なくした / みんな おやすみ / トック トック

谷川 俊太郎さんのその他の作品

ひとりひとり /  / ベージュ / にじいろのさかな おふろポスターつき プレゼントボックス / 大事なことはみーんな猫に教わった / コートニー[新版]


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > 3わの ことりの はなし

【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

3わの ことりの はなし

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット