話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

アンリくん、パリへ行く

アンリくん、パリへ行く

  • 絵本
作: レオノール・クライン
文: ソール・バス
訳: 松浦弥太郎
出版社: Pヴァイン・ブックス

本体価格: ¥2,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年09月
ISBN: 9784906700462

ベストレビュー

読者が想像する楽しみのある作品かな

作品としての作りは芸術的なのに、気取った感じを受けない面白い絵本でした。

絵と字がコラボしています。こんな表現の仕方もあったんだな〜。
読むと、楽しいな。面白いな。って、気分にさせてくれます。
すごいと思ったところは、
お話の中に登場する主人公の住んでいる村の
「パン屋のマルジェおじさん」「郵便配達のゴーギおじさん」
「牛を飼っているクレームおばさん」「バスの運転手のジョルジュさん」には顔が描かれてところです。
主人公のアンリくんも手や足は描かれていますが、顔は1度も描かれていません。
これって、私の勝手な想像ですが、読み手が自由にアンリくんやマルジェおじさんクレームおばさんなどを想像していいんだよ。って、ことではないでしょうか?

日本語訳もとっても読みやすかったです。
文章量は少なく、絵でほとんど語ってくれている絵本ですが、この作品の面白さをちゃんと受け止められるのは、意外と年齢が上の方がよさそうです。
小学校の高学年くらいから、中学生・高校生のお子さんたちにお薦めしたいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

松浦弥太郎さんのその他の作品

なくなったら困る100のしあわせ / おとなのまんなか 新しいことはまだまだ、できる。 / 人生を豊かにしてくれる「お金」と「仕事」の育て方 / 着るもののきほん 100 LifeWearStory100 / ぼくのおじいちゃん / 日めくり弥太郎 日日のきほん


絵本ナビホーム > 一般 > 絵本 > 諸芸・娯楽 > アンリくん、パリへ行く

今月の新刊&オススメ絵本情報

アンリくん、パリへ行く

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット