話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
くりぃむパン

くりぃむパン

  • 児童書
作: 濱野 京子
絵: 黒須 高嶺
出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2012年10月29日
ISBN: 9784774321172

小学中学年から
21cm 144ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

小学四年生の香里の家には、
五世代九人の大家族と、
ふたりの下宿人がくらしている。

そんな香里の家にやってきた、
同い年で親せきの未果。

未果のお父さんは仕事をなくし、
香里の家族をたよってきたのだった。

自分より、かわいがられる未果が気に入らない香里。
でもある日学校で、未果が、お金をひろっているといううわさが流れて……。

くりぃむパン

ベストレビュー

どっちに寄り添って読むのかな?

お父さんと暮らす日のために、せっせと小遣い稼ぎをする未果。

ヘンリーくんシリーズでもヘンリーくんが小遣い稼ぎをする場面が出てきても明るい感じですが、日本だとお金のことを話題にすること自体のイメージが良くないこともあり、マイナスのイメージに取られてしまうというか、小学生の中でみんなと違うって日本だと浮いてしまう方向なのはわからなくもないです。

子どもの貧困が透けて見える話で、恵まれすぎている香里の方が、大人たちに大事にされている香里に嫉妬してしまうのは読みながら、違うんだよ早く気づいてと思いました。

2人がひいおばあちゃんといると時間の流れがゆったりしていて「魔法の時間が流れるところ」というのは、微笑ましくていいなと思ったところです。

いつも明るい未果がこらえきれなくなった場面、もらい泣きしそうになりました。

子どもたちは、未果、香里どっちに寄り添って読むのかな?タイトルのくりぃむぱんがそこここでいい感じで出てきます。
(はなびやさん 50代・ママ 男の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

濱野 京子さんのその他の作品

マスクと黒板 / おはなしSDGs パートナーシップで目標を達成しよう シオンの花言葉 / 野原できみとピクニック / わたしたちの物語のつづき / Mガールズ / with you

黒須 高嶺さんのその他の作品

ブックウィング 山中伸弥とiPS細胞 / 新美南吉 / 五七五 ぼくのとなりはブラジル人 / きっと、大丈夫 / おはなしSDGs 貧困をなくそう みんなはアイスをなめている / ガリガリ君ができるまで



えほん新定番 from 好書好日

くりぃむパン

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット