季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
うさぎのヤニスとあらいぐまのヴァンキ〜学校へ行く〜

うさぎのヤニスとあらいぐまのヴァンキ〜学校へ行く〜

  • 児童書
作: ユルキ・キースネン
訳: 末延弘子
絵: はまの ゆか
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「うさぎのヤニスとあらいぐまのヴァンキ〜学校へ行く〜」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年12月
ISBN: 9784893258847

読んであげるなら4、5歳から
ひとりで読むなら小学生から
22×15cm 112ページ

出版社からの紹介

〈初めての学校生活で成長する子どもの姿を描いたフィンランドの幼年童話〉

わんぱくで遊び好きのうさぎのヤニスと、おとなしくて思慮深いあらいぐまのヴァンキが学校へ行くことに。ヴァンキにとって、学校は大事な勉強をするところ。でも、ヤニスにとっては、決まりごとが多くて退屈なことばかり。そんな二人が、個性豊かなクラスメートたちと出会い、やさしい先生に導かれ、他人を思いやったり、自分の長所に気づいたりしながら、成長していくお話です。
学校は、勉強するばかりでなく、社会性を身につける場所。一人ひとりが物事を自由に考え、仲間とともに自主性をもってのびのびと育ってほしいという作者の思いが伝わってくる作品です。

作者、ユルキ・キースネンは、現代のフィンランドを代表する作家・詩人。本国では、「うさぎのヤニスとあらいぐまのヴァンキ」のお話はシリーズ化され、ラジオドラマにもなっています。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


末延弘子さんのその他の作品

ムーミン ベビーダイアリー / 気持ちが伝わる! フィンランド語リアルフレーズBOOK / ムーミンのファミリーアルバム / ムーミン谷の絵辞典 / マウとバウの物語(3) マウとバウの新しい家 / マウとバウの物語(2) マウとバウのクリスマス

はまの ゆかさんのその他の作品

まめちゃんとまじょ / きょう なにしてた? / つきみだんご / ママが10にん!? / へたなんよ / やだやだパパやだ!


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > うさぎのヤニスとあらいぐまのヴァンキ〜学校へ行く〜

2月の新刊&オススメ絵本情報

うさぎのヤニスとあらいぐまのヴァンキ〜学校へ行く〜

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット