これなんなん? これなんなん? これなんなん?の試し読みができます!
作: くりはらたかし  出版社: くもん出版
タヌキの島に流れ着く、さまざまな人間の道具。何に使うもの? タヌキたちは物知りな長老に質問しますが、長老の答えは…?
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
つるばら村シリーズ(10) つるばら村の魔法のパン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

つるばら村シリーズ(10) つるばら村の魔法のパン

  • 児童書
作: 茂市 久美子
絵: 中村 悦子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年11月08日
ISBN: 9784061957374

小学中級から
22cm A5判 156ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

季節のおいしさたっぷりの大人気ロングセラー
くるみさんのパン屋「三日月屋」が開店10周年をむかえます!
「つるばら村」シリーズ、とうとう完結!

最初は宅配のみだったパン屋「三日月屋」も、駅前の赤いトタン屋根のお店になってから、季節ごとの数々のおいしい魅力的なパンを生み出してきました。くるみさんの成長とともに歩んできた「三日月屋」が、もうすぐ10周年を迎えようとしています。どんな催しをするか悩んでいるくるみさんのもとへ、今日も、不思議なお客さんがやってきました。

ベストレビュー

10冊目、完結です。

「つるばら村シリーズ」の10冊目完結編です。
くるみさんのパン屋さんも10周年目を迎えました。
今まででていた登場人物たちもゆるやかに繋がっていくお話で、温かい後味を感じられる1冊に思いました。
10巻のシリーズ児童書なので、気に入ったらどんどん読めるのも魅力的で、もうすぐ小学3年生になる我が家の娘にすすめたいシリーズ児童書に思います。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


茂市 久美子さんのその他の作品

どうぶつのかぞく キリン キリンの山のぼり / アンティーク・シオンの小さなきせき / 魔女バジルとなぞのほうき星 / ドラゴン王さまになる / 魔女バジルと魔法のつえ / ドラゴンはスーパーマン

中村 悦子さんのその他の作品

庭師の娘 / 千年もみじ / ミンティたちの森のかくれ家 / かあさん どうして / 三つ穴山へ、秘密の探検 / 風のラヴソング完全版



『チリとチリリ あめのひのおはなし』<br>どいかやさんインタビュー

つるばら村シリーズ(10) つるばら村の魔法のパン

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット