宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
まゆげちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まゆげちゃん

  • 絵本
作: 真珠 まりこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「まゆげちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年11月14日
ISBN: 9784061325326

B5変型 21ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「おとうさんの まゆげは ふとくて おおきい まゆげちゃん」ではじまる、真珠まりこさんの絵本です。
絵本のなかでは、おとうさんのまゆげが、上に上がったり、下に下がったり、まんなかによったり……。ユーモラスに動きます。それを見て、男の子が真似をしてみるのですが、どうしてもうまくできません。するとおとうさんが、男の子に声をかけてあげます。「おとなに なったら できるよ」って。
大きくなることの楽しみを教えてくれるおとうさん。ゆかいなまゆげの動きとともに、思わず「へんがお」をしてみたくなるような楽しい一作。

まゆげちゃん

ベストレビュー

まゆげは不思議

まゆげは不思議だね。

きっと子どもにはお父さんの表情から
細かな動きがわかるのですね。

おこる わらう なく びっくり その仕草で
まゆげも 形が変わったり、大きく見えたり
するんで 不思議だなと感じました。

おとうさんがあるのなら おかあさんもあるといいな。
(ゆうちょさんさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


真珠 まりこさんのその他の作品

もったいないばあさん かわを ゆく / もったいないばあさんの おいしい あいうえお / おててかいじゅう つみきのまちへ / ゆめねこ / もったいないばあさんの知恵袋 / かまくらレストラン



シリーズ累計65万部超の大ヒット!海賊たちの運命はいかに?!

まゆげちゃん

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.21

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット