新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
フェリックスとゼルダ

フェリックスとゼルダ

  • 児童書
著: モーリス・グライツマン
訳: 原田 勝
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年07月
ISBN: 9784751522240

中学生
216頁

出版社からの紹介

10歳の少年フェリックスは一人、孤児院を脱けだし旅に出る。3年8ヶ月の間に世界が変わってしまったことも知らずに・・・。つらい運命を想像力ではねとばすフェリックスの長い旅。

ベストレビュー

胸がえぐられる

第二次世界大戦下のポーランド。10歳のユダヤ人少年フェリックスは、ナチスの迫害から逃れさせるため、親が修道院へ。しかし何も知らない彼は脱出して両親を探すたびへ出てしまいます。やがてゼルダら同じような境遇の子どもたちと出会い、ゲットーの地下室で暮らしますが、見つかって貨車に載せられ・・・
少年が独白する文体で書かれている物語は、戦時下とは思えないほど楽天的な言葉で、ある程度予測のつく年齢層が読むと、胸がえぐられるような思いをします。
ホロコーストと呼ばれた大量虐殺を描いた本はたくさんありますが、これほど目が離せない物語に出会ったことがなかったので、一気に読んでしまいました
作者のモーリスはオーストラリアの作家ですが、祖父がポーランドから移住してきたユダヤ人で、この問題に深い関心を寄せ、当時を描いた多くの資料を読んで、この物語を書いたと、文末に役者が述べています
続編が三作あるらしいので、翻訳されて一日も早く読んでみたいと思います
中学生以上にはぜひ読んでいただきたいと思います
(風の秋桜さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


原田 勝さんのその他の作品

春のウサギ / マーティン・ルーサー・キング・ジュニア /  信念は社会を変えた!(6) ブライアン・スティーヴンソン / セント・キルダの子 / 信念は社会を変えた!(2) ネルソン・マンデラ / 兄の名は、ジェシカ


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 外国文学小説 > フェリックスとゼルダ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

フェリックスとゼルダ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット