日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
ジョージ大好きさん 40代・ママ

一度じっくりどうぞ
奥深いお話です。 平和って一言で…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ちがうねん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちがうねん

  • 絵本
作: ジョン・クラッセン
訳: 長谷川 義史
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

関連
どこいったん

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年11月15日
ISBN: 9784861012334

21×29cm/33ページ

関連するスペシャルコンテンツ


長谷川義史さんにインタビューしました!

みどころ

頭にぼうしをのせた、ちいさな魚が泳いでいます。
「この ぼうし ぼくのと ちがうねん。とってきてん。」

ちいさな魚は、おおきな魚が寝ている間に、盗んだのです。
ちいさな魚にぴったりのかわいいぼうし。
それをかぶったまま、海藻のジャングルを目指して逃げているのです。
暗い水の底、ちいさな魚は誰にともなく言います。
「きっと まだ ねてるわ。」「ぼくのことなんか あやしめへんわ。」
けれどおおきな魚は、もう起きています。そして完全に気づいています。

逃げるちいさな魚にせまりくるおおきな魚。
恐怖の音楽が聞こえてきそうな緊迫感です。
読み手は、ちいさな魚がしゃべればしゃべるほど焦ります。
だって、すぐそこまで追ってきているんです、おおきな魚が!

この作品は、独特のユーモアにあふれる「どこいったん」シリーズの2作目。
2013年コルデコット賞大賞受賞作品です。1作目の『どこいったん』に引き続き、日本語訳は人気絵本作家の長谷川義史さん。
スリリングな展開と、長谷川さんならではのユーモラスでどこかとぼけた大阪弁とのギャップが、
全体の緊迫感をこれでもかと盛り上げます。

『どこいったん』は、ぼうしを盗られたくまが、ぼうしを捜すストーリーでしたが、
今度は、盗った側、追われるほうが主人公です。
水底の静けさを引き立てる黒い背景と、魚から立ち上る小さな泡、美しい海藻。
まるで映像を見ているように、ストーリーにひきこまれてしまいます。
そして1作目同様、ドキッとする結末が待っています。
結末を誰も語ってはくれません。
「これって、こういうこと・・?!」と、読んだ後きっと誰かと話したくなりますよ。
1作目は森の中、今回は深い海の中、という対比も面白く、揃えて持っておきたいシリーズですね。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

ちがうねん

出版社からの紹介

いっぴきのちいさな魚がぴったりのぼうしをかぶってすいすいと海の中を泳いでいます。それは誰のぼうし? ちいさな魚の頭の中ではぐるぐるといろいろな思いが渦巻いています。しんと静かな海の中。ちいさな魚の目ざす先は、きっと安全なところ。そう信じて泳ぎ続けますが……。『どこいったん』に続く長谷川義史さんの翻訳絵本2冊目! ページをめくるたびにどきどきが止まりません。

ベストレビュー

今度は「あ!」

もう一つの「どこいったん」の時に、ラストのところで
「???」になった息子たちでしたが、
ほら、ここのところがってヒントをだして、「そうか!」だったのですが。

この「ちがうねん」は盗って逃げる方が主人公。

だから、追いかけてくるドキドキを感じてくれたようです。

そして、ラストのところで…次男が「これ、食べられた?」と
気づいてくれました。

盗ったらいかんよね、盗ったら。

長谷川さんのインタビューで「ちがうねん」と「ちゃうねん」の違いを
言ってたのは面白かったなぁ〜。

たしかに、「ちゃうねん」だと軽いですもんね。

「どないやねん」ってのも作ってほしいですが、
おいおい、それとはちがうねん!ってツッコミきますかね(笑)
(わにぼうさん 40代・ママ 男の子9歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョン・クラッセンさんのその他の作品

マンマルさん / おおかみのおなかのなかで / シカクさん / なんびきのねこたちおどる? / キツネのパックス ―愛をさがして― / サンカクさん

長谷川 義史さんのその他の作品

みどりのほし / ぼくは犬や / ちょきんばこのたびやすみ / おおにしせんせい / タヌキのきょうしつ / かわうそモグ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

ちがうねん

みんなの声(50人)

絵本の評価(4.51

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット