宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
チョコレート屋のねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チョコレート屋のねこ

  • 絵本
文: スー・ステイントン
絵: アン・モーティマー
訳: 中川 千尋
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年01月16日
ISBN: 9784593505456

5歳から
27.8×18.8cm 32ページ

みどころ

これといって名物のない、静かで退屈な村。そこにあるのが小さなチョコレート屋。お客はめったにきません。笑うことを忘れてしまったおじいさんがチョコレートをつくり、ねずみを捕らないねこがショーウィンドウから外を眺めているのでした。

そんなある日、ふと思いついてつくった“ねずみのチョコレート”をねこがかじってみると…なんておいしいのでしょう!心がうきうきはずんで、ひげと前足が勝手に動いてしまうほど。
「こんなにおいしいんだもの、だれかに、食べてもらわなくちゃ。」
そこで考えた計画とは……?

ねこの機転と“ねずみのチョコレート”のちょっとした魔法によって生まれる、生つばゴクリの美味しそうなチョコレート作品の数々。チェリーボンボン、チョコレートロールケーキ、ホットチョコレートにチョコレートファウンテン…。村の人たちも、だんだんこのお店のチョコレートに夢中になっていきます。ところが、おじいさんはまだ笑わないのです。この気むずかしいおじいさんの心を溶かすのは、いったい誰だったのでしょう。

チョコレートの魔力と美しさが凝縮されたこの絵本。作者は『サンタクロースのしろいねこ』を手がけたコンビ。主役のねこは愛情たっぷり描かれ、その感触まで伝わってくるほどです。巻末にはチョコレートの解説も付いて、チョコレート好きにはたまらなく魅惑的な一冊になっています。

ああ、チョコにたっぷりと浸っているマンゴーの絵ときたら……。

(絵本ナビ編集長)

チョコレート屋のねこ

出版社からの紹介

古ぼけたチョコレート屋に気難しいおじいさんとねこがすんでいました。ある日、ねこがおじいさんが作ったチョコレートねずみをかじってみると……あまりのおいしさにびっくりしました。だれかに食べてほしいと思ったねこが考えた計画とは……?巻末にチョコレートの解説付き。

ベストレビュー

ご主人のおじいさんを思うねこの気持ちが素敵です

チョコレート屋のおじいさんが作ったチョコレートで作ったしっぽ

をピンクのおさとうをまぶしたねずみが、ねこがちょっぴりかじって

みるとあまりにも美味しいのです。ほろ苦い味が、口いっぱいに

ひろがって、心がウキウキ弾んできて、ひげと前足が勝手に動い

てしまうほどです。ねこの活躍で、このおいしさを村中の人々に

広めておじいさんに笑ってもらうように活躍したねこのお話でした

ご主人のおじいさんを思うねこの気持ちがとてもあたたかくて

素敵でした。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

スー・ステイントンさんのその他の作品

クリスマスのこねこたち / サンタクロースのしろいねこ

アン・モーティマーさんのその他の作品

ちいさなねずみのクリスマス / ねんねんネコのねるとこは / こねこのみつけたクリスマス / トスカのおくりもの / トスカのクリスマス

中川 千尋さんのその他の作品

こころの おと / 三つのまほうのおくりもの / かしこいモリー / ハロウィーンのまじょティリー / のんきなりゅう / 魔女のこねこゴブリーノ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

チョコレート屋のねこ

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット