話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ふしぎな八つのおとぎばなし

ふしぎな八つのおとぎばなし

  • 児童書
作: J・エイキン
絵: クエンティン・ブレイク
訳: こだま ともこ
出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

税込価格: ¥2,090

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ふしぎな八つのおとぎばなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年12月
ISBN: 9784572004772

小学校低学年から大人まで
A5判 192P

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

思いがけないストーリーと美しいイラスト
※お話は八つ
・雲深き山をこえて
・燃えろ、燃えろ、かげぼうし
・メシュリーナ
・バスケットいっぱいの水
・リコリスの木
・怒り山
・冬の夜にさまよう
・落ちてゆく世界をつかまえろ
エイキンとブレイクのコラボレーションによる本書は、まさに現代のおとぎばなし。森をさまようクマと結婚したいむすめ、海の王ネプチューン、お姫さまやまじょ、歌をうたう青いくつや、ピンクのヘビも登場する。火星人にすてられたかいじゅうや宇宙でのサッカーの試合!まほうとなぞに満ち、ユーモアあふれ、しかも古典の味わいをもかねそなえた魅力たっぷりの短編集。

ベストレビュー

メシュシーナに出てくる王子さま、いい人です

だいぶ前からタイトルに惹かれて気になっていた作品ですが、やっと読みました。
8つのおはなしのタイトルは
『雲深き山をこえて』
『燃えろ、燃えろ、かげぼうし』
『メリュシーナ』
『バスケットいっぱいの水』
『リコリスの木』
『怒りの山』
『冬の夜にさまよう』
『落ちていく世界をつかまえろ』
この人の作品はどれもちょっと昔話のエッセンスが入っていて、読みやすく、読むと心に残る内容が多かったです。
この短編集の中で、個人的に特に気に入ったのは
『メリュシーナ』で、まさに西洋によくある昔話に似ていました。
ある美しい女の子が、呪いのせいで週に1度へびに変身してしまうけれど、王子さまと出会って恋に落ち幸せな結婚をする。という話。
結局最後までメリュシーナの呪いは解けないんですが、
この時の王子様のセリフがよかったです。
「気にしないって!だれだってみんな、ちょっとばかりおかしなところがあるじゃないか。……」
このセリフ、すごく納得しました。この王子はとても人間のできた人です。

小学校の高学年くらいから、中学生くらいの子さんたちにいかがでしょうか?
短編集で、1話1話がそれほど長くないので、とても読みやすいです。
出版社からのお薦め年齢は小学校低学年から大人までになっています。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クエンティン・ブレイクさんのその他の作品

みならい騎士とブーツどろぼう / すてきな曲芸師 アンジェロ / スプロケットおばさんのポケット / 帆かけ舟、空を行く / サンタの最後のおくりもの / ザガズー じんせいってびっくりつづき

こだま ともこさんのその他の作品

石ころのスープ / クロのあたらしいうち / ぼくはおじいちゃんと戦争した / きみのいた森で / ウサギとぼくのこまった毎日 / 111本の木


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > ふしぎな八つのおとぎばなし

10月の注目の新刊&おすすめ 〜ハロウィン〜

ふしぎな八つのおとぎばなし

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット