あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
一さつのおくりもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

一さつのおくりもの

  • 児童書
作: 森山 京
絵: 鴨下 潤
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年11月29日
ISBN: 9784061981904

小学1年生から
A5判 22cm 78ページ

みどころ

クマタは、『かいがらのおくりもの』という絵本が大好きでした。毎日毎日声に出して文を読み、 ゆっくり絵をながめ、うなずきながらページをめくります。絵本の中には、キツネの子が1番お気に入りの貝がらを、考えた末に仲良しのリスの子にあげる場面が出てきます。クマタはキツネの子に、「キツネちゃん。きみは、えらいね。ぼくだったら、いくらなかよしでも、いちばんすきなものを あげたりはできないよ。」と話しかけます。

しかしクマタに、絵本と同じような場面が訪れます。3日3晩大雨が降り続いて山のむこうのふかみどり村が水びだしになり、大人たちが手伝いに行くのを見て、クマタのともだちが「ぼくたちの本もおくろう」と次々に自分の本を持ってきたのです。もちろんクマタも自分の絵本の中から1冊を選ぶことにします。けれど、汚れや傷がない本は大好きな『かいがらのおくりもの』だけ。そこでクマタは、クマタにとってとても大きな決断をします。

誰かにおくりものをする時、何をあげようか、どんなものが喜ばれるかなどいろいろ悩みますよね。しかもクマタのように自分が大切にしているものを手渡す場面に出くわしたら、どんな選択をすることが正しいのでしょう?クマタは大雨の被害で困っているまだ知らない相手に対して、汚れのある本をおくるなんてとてもできない、と考えます。クマタにとっても大切な本をおくったからこそ、その思いがまっすぐ相手に届き、代わりに思いがけない喜びがクマタに届いたのでしょう。

絵本の次に読める幼年童話なので、1年生ぐらいから1人でも読める本ではありますが、ぜひ親子でおくりものについて話しながら読んでもらえたら素敵だなあと思います。また、読めば誰の心にも気づきと温かさを残してくれるお話なので、小学低・中・高学年の子ども達はもちろんのこと、ぜひいろいろな年代の方に読んで知ってほしい1冊です。

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

森山京による心温まる童話

クマタは、『かいがらのおくりもの』というえほんが大すきです。
まいにちまいにち、こえにだしてよんでいました。
よみおえるたびに、えほんの中にいるキツネの子に「ばいばい、またね」とはなしかけ、ほんとうのともだちのようでした。
ある日、山のむこうに大あめがふりました。
あちらでは、いえが水びたしになるなど、たいへんなことがおきている。
そうきいたクマタは、いてもたってもいられず、ともだちとそうだんして、えほんをおくることにしました。
一ばんたいせつなえほんをおくったところ、クマタにおれいのおてがみがとどいて……。

ベストレビュー

プレゼントしてよかったね

いちばんたいせつな、ともだちのような絵本「かいがらのおくりもの」を
災害にあった、知らないお友だちに、あげることにしたクマの子。
本が手元に無くなったときのさびしさが、伝わってきて、可愛そうです。
でも、受け取ったうさぎの女の子からのてがみで、クマタくんの
心が晴れ晴れと大きく明るくなるのを感じました。
すてきな絵本です。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森山 京さんのその他の作品

ハンカチさがし / ひっこしをしたかばのこカバオ / 大きくてもちっちゃい かばのこカバオ / なかよくなれたね / とんだ、とべた、また、とべた! / りんごの花がさいていた

鴨下 潤さんのその他の作品

チロリ / 声に出そう四季の短歌・俳句 2 夏の歌 / 雨あがりのメデジン / せいかつ図鑑 / ことりようちえんのいちねんかん / チャンプ 風になって走れ!



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

一さつのおくりもの

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット