新刊
バムとケロのカレンダー2023

バムとケロのカレンダー2023(文溪堂)

2023年も毎日バムとケロと一緒!

おてて つなごう

おてて つなごう

  • 絵本
文: 安江 リエ
絵: 西巻 茅子
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥429

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おてて つなごう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年02月

10ヶ月〜2才向き
ページ数: 22 サイズ: 20X19cm こどものとも0.1.2. 2013年2月号

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

歩けるようになった小さな男の子が、「おてて つなごう」と、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃん、おじいちゃんに声をかけます。 お兄ちゃんとは水たまりをぴっちゃん、ぱっちゃん。おじいちゃんと手をつなぐと、犬が来てもこわくない。そして最後はお父さん、お母さんと両手をつないで、「わーい、ぶらんこだ!」。

ベストレビュー

手をつなぐっていいね!

現在3歳の娘が2歳の頃,幼稚園親子プレでの月刊絵本でいただいてきて読みました!
今でも時々読んでと思って来る絵本です。

お話の内容は,主人公の小さな男の子が家族と手をつないでいくというお話です。
お兄ちゃん,お姉ちゃん,おじいちゃん,最後はお父さんお母さんという流れで,手をつないでいきます。
娘は一人っ子で祖父母も近所にはいないので,一番最後のお父さんとお母さんと手をつなぐ場面が一番しっくりときて気に入っているようで,このブランコ!いつもやりたがります(笑)。
手をつなぐっていいなと思わせてくれる絵本です!
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子3歳)

関連記事

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > > おてて つなごう

2023年まずは読みたいこの絵本・児童書16選 レビューコンテスト!

おてて つなごう

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット